職業訓練でPCスキルUP!|小売店スタッフを辞めたい人の転職体験談

小売店スタッフを辞めたかったてとさん(31歳・女性・宮城県)が転職した体験談です。

仕事内容 雑貨店の店員から私立大学の事務職に転職
年収 168万円から204万円にアップ

長所を生かせる雑貨屋で7年働く

雑貨に囲まれて仕事をしたいという思いと、細かい作業が得意で長所を活かせるという思いから、雑貨店で働くことを選択しました
また、通いやすい場所にあったということも大きな理由でした。

辞めることを意識するまでは、かわいい商品に囲まれて仕事ができ、やりがいもある為長く働いていました
仕事内容は、生活雑貨の接客と販売がメインです。

レジや電話応対はもちろんのこと、ギフト選びで悩んでいるお客様の相談に乗り商品をお勧めすることも多々ありました。
また季節やイベント毎に合わせた店内のディスプレイの作成や、見やすく取りやすい商品の陳列の考案も重要な仕事でした。

会社の規模は、従業員150名ほどです。
経験年数は約7年です。

30歳という節目に転職を決意

辞めようと思った一番の理由は、不満があったことです。
不満がある為、毎日辞めたいと思いつつ働くことが時間の無駄だと感じていました。

段々と会社を嫌いになっていく自分が、お客様に対して心からお店の商品を勧められなくなっていき、そんな気持ちでお客様に接していては申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。
そのうちに接客を避ける様になり、やりがいも楽しさもなくなりました

その不満というのは、残業代が出ないことや、上に立つ者の人間性です。
そんな風に思いながらもなかなか辞められずにいた時、改めて考えるきっかけをくれたのは30歳という年齢の節目でした

これから自分はずっとこの接客業という職種で働いていくのかと考えた時に、違うなぁと感じました。
歳を重ねてもお店に立ち続けたいと思わなかったこと、違う職種も経験してみたいという思いから、長く出来そうな事務という仕事を覚えたいと思いました

職業訓練でPCスキルを得た

まず始めに、ハローワークに通い仕事を探しました。
しかしどの求人を見ても、当たり前ですがパソコン操作(word/ecxel)可能な方と書かれていて、ある程度パソコンは使えるものの、しっかりと勉強をしたわけではないので不安を覚えるばかりでした。

そんな時ハローワークで職業訓練というのがあり、wordとexcelの勉強が出来ることを知りました
迷うことなく応募し3か月間みっちり学習しました。

仕事で使えるものかは分かりませんでしたが、勉強したことにより、パソコンの部分においてある程度自信を持つことが出来る様になりました。
その後は再度ハローワークに通い仕事を探しました。

しかしなかなかピンとくるものがなく、派遣のサイトにも登録してみることにしました。
登録したところはアデコ株式会社、株式会社パソナ、東京海上日動キャリアサービス株式会社の3つです

派遣会社から仕事を紹介してもらいつつ自分でも探し、希望に沿った仕事を見つける事が出来ました。

転職先に求めた条件は、今までよりお給料が高いこと、車通勤ができること、そして何よりパソコンの仕事が覚えられそうな所です
また、今まで事務職の経験が無くても良さそうなところを探しました。

そして出来れば残業が月に約10時間以下の所を希望しました。

職務経歴書が意外と大変な作業

転職活動中に大変だったことは、自分のモチベーションを保つことです。
来る日も来る日も仕事を探し続ける日が続きました。

しかしなかなか思うような仕事が見つからず、段々と探す気力が失せていきました。
また、転職するにあたり職務経歴書を作成しなければならなかったのですが、今までの自分を振り返る作業が大変な作業でした

地道に根気よく続けることが大事だと思いました

新しい職場はストレスなく働ける

今は大学での窓口に来る学生や教職員の対応や、電話対応というのが主となる仕事です
しかし難しいことは殆ど無く、専門的な話になれば正職の方にまわすというスタンスです。

また、授業や教室に関するサポートも行います。
授業で使うレポート用紙を印刷したり機材を準備したり、機材の故障や使い方が分からないということがあればチェックしに行きます。

各教室をまわり、機材の清掃や各備品が揃っているかのチェックも行います。
先生方へのお知らせとして、wordやexcelを使って掲示物の作成もします。

決まった様式などは無いので逆に不安になる時もありますが、最終的には上司に確認してもらえるので自由に作成することが出来ます。
また沢山の先生方がいらっしゃるので、スムーズに仕事を進めていく為には名前と顔を覚えるのも一つの仕事になってきます。

色々と多岐にわたる仕事内容ですが、全体的に難しいことはなく精神的に負担無く働くことができます

有給休暇を遠慮なく使える嬉しさ

求人内容が自分の希望に合っているところが多かったからです。
給料、仕事内容、残業もほぼ無いということでどれも希望に沿っていました。

おまけに勤務地も自宅から近い所にありました。
また面接を受けた時の雰囲気がとても良かったので、そこで働きたいと思いました

今までとは全く違う職種なので想像もつかず不安ばかりでしたが、良かったことしかありません。
まず接客時代は休みが月に6回~7回で、おまけに希望休もあまり通らないということが殆どでした。

もちろんですがゴールデンウィークやお盆休み、年末年始も休めません。
それが今ではカレンダー通りに休めます。

また接客時代は有給は使えないことが暗黙のルールのようになっていましたが、当たり前の権利ですが今は自由に使いたい時に使うことができます
そしてお給料は上がっています。

良い意味で想像と違ったことは、接客業とは違い時間の流れがゆったりとしていることです。
満足できなかったことはほぼありませんが、強いて言えば、wordとexcelの勉強はしましたがそこまでの深い知識は必要がなかったことです。

ただ接客業の華々しい雰囲気が無いことは確かです。
しかし事務職でも何でも、その中に自分のワクワクすることを見つけていけば楽しいものだと感じています

大きな気持ちで踏み込んで!

きっと不安や迷いがたくさんあるのではないでしょうか。

私は今回別職種へ転職をしてみて、全くの無知ではついていくのに大変かもしれませんが、ある程度の知識があれば大きな気持ちで踏み込んで大丈夫だと感じました。(事務系に限るかもしれません)

少しでも興味がある職種があるのならば、知る事から始めて、少しずつ行動を起こして不安を取り除いてやりたいことをやって欲しいと願います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です