花と笑顔に包まれる職場で毎日楽しい!|看護師を辞めたい人の転職体験談

看護師を辞めたかったまめさん(31歳・女性・栃木県)が転職した体験談です。

仕事内容 総合病院勤務の看護師から結婚式場内の花屋に転職
年収 500万円から200万円にダウン

子供の頃から目指していた看護師に

看護師をしている母親の影響で子供の頃から看護師になることを目指していました。
その一方で、家族皆が花が好きで、私自身も花が好きで、学生時代の職場体験学習では病院での体験学習を選択せず、花屋に体験学習を行くほどでした。

それでも、看護師を目指す気持ちは変わらず、高校卒業後は看護学校に進学し、看護師となりました。
総合病院で脳外科、整形外科、眼科、リハビリテーション科を経験していくなかで、看護の楽しさと難しさを学びながら経験を積みました。

中でもリハビリテーション科では、思うようにリハビリが進まない患者様とコミュニケーションを密にとりながら関係性を築きリハビリテーションに前向きに臨めるようになった時や、麻痺により寝たきり状態の患者様がオムツを外してトイレに行けるようになったりと喜びもありました。

忙しい業務の中で、お見舞にいらしたご家族様がお花を飾るのを見ては癒されている自分がいました。

次第に身体もメンタルも限界を迎えて

中堅の立場となり、上司と若手の間に挟まれながらも両サイドを尊重し守ることに勤めました。
時には病院の為に自分の時間を犠牲にして、より良い病院・職場環境となるよう日々努力していました。

でも、自分自身が気がつかないうちに疲弊していたようで、次第に身体が悲鳴をあげました。
その際、口では擁護してくれていた上司も、実際には冷たい部分が多く目立ち、唯一保っていたメンタルも限界を迎えました。

同僚達も私と同じようにメンタルに限界を迎えている同僚が多く、退職希望者が増えていきました。
本当はその状況をどうにか改善したくて、でも何もしない上司の代わりに私が改善しようと努力していたのですが、全てはムダなんだと気がつき、退職を望みました

花に携わる仕事で空間デザインもしたい!

退職を考えた時に、子供の頃に花屋に体験学習に行ったことを思い出しました。
大人になってからも花が好きな事は変わっていませんでした。

そこで、今までは誰かの為に働いてきたから、これからは自分の為に働こうと思い、花に携わる仕事がしたいと強く思いました。
スマホで「花屋 求人」と検索すると、求人サイトが多数出てきたので、それらの求人サイトをサイトを利用しました。

実際に応募・面接・就職に至ったのはindeedです。

花に携わる仕事がしたいと思っても、花屋の店員ではなく、花を使った空間デザイナーになりたいとも考えていました。
その為、ただの花屋ではなく、空間デザインもできる職場を探しました。

また、花に対して初心者でも採用して頂けることが最重要ポイントでした。

転職すると給料が下がるから出費を極力調整

希望先に転職すると、手取り給料が10万程低くなります。
看護師として働いていた頃は、収入も安定しており、ボーナスも年3回もらえていた為、趣味が買い物・旅行・グルメでした。

車も新車を購入したばかりだった為、金銭面がとにかく心配で、月々生活できるか心配でした。
保険類を見直して安く抑えたり、車のローンを伸ばしたり、月々の固定出費が極力抑えられるように調整しました。

また、転職後に生活費に困らないように、転職前から節約グセを付けて生活しました。

ブーケ作成や卓上の花飾り、結婚式場内も飾り付け素敵な空間に

結婚式場内の花屋の為、結婚式で使用して頂くブーケの作成や、卓上の花飾り、贈呈用の花束の作成などを行います。
新郎新婦様とも直接お会いし、ブーケなど作成品の打ち合わせをさせて頂きます。

また、結婚式場内にガーデンが多数あり、ガーデンの管理もしています。
ガーデンの花や木々の植え替えや刈り入れ、水やりを行います。

空間デザインも業務の1つで、結婚式場内の至る所に造花やオシャレな雑貨による飾り付けを行い、結婚式場内を華やかに素敵な空間に彩るのも仕事の1つです。また毎月結婚式場内でマルシェが開催される為、その時は花屋として花束など生花の販売を行ったり、場合によっては他のブースの手伝いでフランクフルトなどを販売することもあります。

声を出して笑ってしまう程、毎日が楽しい!

花を使った空間デザイナーになりたいと考え転職活動を始めたところ、その会社の求人募集欄に「空間デザインのお仕事です」と記載されていたので、まさにドンピシャな求人でした。
また花の資格が無くても可能であったことも魅力でした。

何より良かった事は、毎日が楽しいです。
毎日毎日、声を出して笑ってしまう程、楽しく仕事をさせて頂いています。

看護師時代は病院という場所もあったからだけど、職場の雰囲気はあまり明るいものでは無く、皆が疲れていました。
それに反して、今の職場は皆が穏やかでおおらかで、常に笑顔に包まれています。

素敵な上司ばかりです。
取り扱う物も生花や造花やオシャレな雑貨達なので、見て触って癒されています。

就職前は、花の資格が無く、花の業界に無知すぎる為、足手まといとなり、もしかしたらイジメも受けるかもしれないという覚悟の上での転職でした。
でも実際にはそんな心配は無用でした。

温かく迎えて下さり、無知な私に親身になって相談にのってくださり、御指導下さります。
給料が少ない事は正直もうどうでも良く感じてしまう程、素敵な職場です。

資格職だから元の職業にいつでも戻れる

私がそうだったように、収入面が大きく変わって生活スタイルが変わることに不安を感じている人もいるかもしれません。
最初は大変なこともあるかもしれませんが、人生一度きりですから、思い立ったらぜひ行動してください。

後悔するとしても、やらない後悔より、やった後悔のほうが良いと思います。
元々資格職ですから、万が一やった後悔をしたとしても、元の職業にいつでも戻れますよ。

看護師から転職を成功させるコツの解説記事はこちら!
看護師からの転職【看護師から他の職種に転職したい】失敗しない方法を成功例から学ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です