休んでも大丈夫な会社で働いて介護と両立!|介護福祉士を辞めたい人の転職体験談

介護士(介護福祉士)を辞めたかったノートさん(48歳・女性・広島県)が転職した体験談です。

仕事内容 グループホームの介護福祉士から派遣会社から水産工場のピッキング作業に転職
年収 約200万円から約200万円で変化なし

認知症の方が協力しあって暮らすグループホームへ就職

介護福祉士初任者研修の資格を取り、介護の世界に入りました。
研修で赴いていった施設の施設長さんから声をかけられ、スカウトされました。

そこで就職が内定してしまいました。
ショートステイの施設から同じ会の中のグループホームへ、そこは認知症の方がグループを組んで、協力しあって暮らすという、家庭とほとんど変わらないような生活をする場所への配属になりました

まだ慣れない私でも、ケアマネや介護や看護のみなさんみんなが温かく迎えてくれて日々料理を作ったり、部屋の掃除をしたり、一緒にレクレーションをやったり、散歩に行ったり、高齢者と楽しい日々を過ごさせていただきました。

そこはまるまる3年勤めて辞めました。
理由は父が高齢で、80才超えて今度はそっちに何かと手がかかるようになり体力的にキツくて辞めざるを得なくなってしまったからです

家族の介護で、仕事を辞めることに

家族がまさかの尿漏れだとか、物忘れなどをやりだすと、父本人は「やってない!自分はしっかりしてる!!何を言うか!!」と怒っても、手がつけられないほど家の中が汚れるので、泣く泣くいろんなことをしなければいけなくなるし、仕事で厳しい介護の現場に、もう出られなかったです

事情は前からみんなには話してあったので、辞める時はすぐに新しい人が入ってくれて、すんなり辞められました
寂しい気持ちもあったのですがもうそれどころじゃなくて、その時にはじめて、親が健康であるという事の幸せに気づかされました。

とにかくやることが多くて家の事ばっかりやらされ、そこまでやるのに慣れてない私は外に全然出られなくなるので本当に父が認めて気をつけるまでは困りました。

外にも出れずライターの仕事をしながら…

インターネットで探しました。
当分、外にもなかなか出られない状況だった為、ライターの仕事は有難かったです
そういうのと併用しながら外で働けないか、たくさん情報は見ました。

私の場合は自分が元気だっただけに、父親がとてもわがままな人なので平気で子供に絶えまなく迷惑をかけてくるのがとても嫌でした。
父のせいで仕事が全然できなくなると私のお金もなくなるのに、嫌がらせをやめない人なので本当に信を失いました。怖いです。

転職先はだいぶん後になって決まりました。
とにかくわがままで自分勝手でどうしようもない父が、とうとう自分があちこち失敗したり、おかしいのだと認めてくれるようになったため、それからは大して苦労しなくてもいいくらいに変わり、以前と同じように1日8時間、残業可、週5日で探しました

敢えて自分が休んでも大丈夫な仕事を選んだ

とにかく父が急に倒れたり、救急車で運ばれたりになると、仕事場の人に私の時に変わってもらったりしないといけなくなるので迷惑がかかります
なので、たった1人で全てを任されるような仕事、例えば事務員とか調理場とか、ああいう本当だったら自分に向いている仕事が、家族のせいで選ぶ事ができなくてホトホト困りました。

それでアドバイスも受けて、自分が休んでも大丈夫な誰がやってもいいような仕事を「敢えて」選ぶようにと言われ、それを意識して選んでいきました

介護と両立できそうだけど、とても忙しくて目が回りそうな現場!

仕事内容は、派遣から水産加工工場の加工や盛り付け、ピッキングなどです。
介護と両立できそうなところの紹介です。

とても忙しくて目が回りそうな現場で、男性が刺身を切る、女性は盛り付けなどをやります
計ってトレーに盛り、パックづめしたり、そういった単純作業です。

誰にでもできるといえばできる仕事で、ただ立ち仕事であるのと冷たい温度の中の慌ただしい作業なので、冷え性の人は、体が冷えておかしくなり辞める人も少なくはないです

ピッキングを店舗ごとにするのですが、ここもとても寒い部屋で、防寒着を着用してやります。
夏場はいいのですが、冬は男の人たちは耐えられないくらい寒がります。

更年期障害ぐらいの汗をかくほどの女性の方が、どちらかといえば向いているかもしれないような現場です。

みんなで相談しながらの職場で良かった

派遣会社に登録した時に、あちこち候補がある中で、自分の今の条件にあったところを紹介してくれたから決めました。
だけど、1ヶ月くらい待ったと思います。

「空きが出るのでしばらくの間ですが待っててもらえますか?」と念を押されたので、しばらく待って空きが出たところへ私がはめ込まれた感じです。
でも、収入は今までよりは多かったから行ってよかったです

そこは新築から2年くらいで転勤族も多く、みんながまだ短くて、あちこち相談しながらやりくりする格好だったので、そういうのも良かったと思います
わからない時や困った時にみんなで協力し合う体制が自然と出来上がっていて、すぐにフォローが入ったり、あまり困ることはなかったです。

ただ、後から来た男の人が1人、凶暴な人が入ったことで職場の雰囲気がガラッと変わり、私もおかしな言いがかりをつけられたり、暴力的なことをされたり、ムカッとくることが増えるようになりました。

ただ、派遣から行っているので何も言えず、その人は面白がっていました。
派遣の担当者にも挨拶ひとつせず、とても生意気なお兄さんで、みんな煙たがってました。

物を投げつけられたこともあり、数回続いた時にセンター長に言ったら、「自分もいろいろあり、もうここを辞めるんだ」と言われ、あまり話に乗ってもらえませんでした。
最後は不快極まりないまま期間満了になり、気がおさまらないまま終了しました。

介護が必要になったら多少休んでも会社が回るような職場に

人生、いったい何が起こるかわかりません。
これからの高齢化社会、自分は大丈夫でも家族が何かになり自分が不自由になることだってあるんです。

その場合、午前をあけたり午後をあけたり、いろいろイレギュラーな事になりますから、1人だけに全部任されるような責任の重い仕事は選んだりできなくなります。
多少休んでも会社が回るような、そういう多い人数で作業する所だとか考えて就職する必要があります

介護職から転職する方法の解説記事はこちら!
介護職からの転職介護職を辞めてよかった!介護からの転職を成功させるコツを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です