転職で家族の時間が増えマイホームも実現!|塾講師を辞めたい人の転職体験談

塾講師を辞めたかったスカイブルーさん(34歳・男性・静岡県)が転職した体験談です。

仕事内容 集団指導塾の塾講師から不動産会社の営業職に転職
年収 450万円から500万円にアップ

バイト先の教室長からスカウトされて

大学生の時代に学習塾の講師のバイトとして働き始めたのが、元々の仕事に就いた理由です。
国立の大学に通っていたので文系と理系の科目の両方を指導できたために、バイト先の教室長からスカウトされてそのまま就職しました。

就職当初は1クラス10名程度の中学生を対象に、英語や数学などを指導することから始めています。
また仕事に慣れてくると保護者との面談を行ったり、教材の発注業務に関わったりもしています。

就職してから10年が経過すると、新しい教室の新規開校に向けた準備にも参加しています。
その後は教室長にもなり、転職直前の肩書は進路指導部長です。

アルバイト時代からのキャリアも含めると、学習塾の講師の経験は約15年です。

収入がなかなか増えず残業も多い…

やめようと思った一番の理由は、収入がなかなか増えないことや残業が多いことです。
特に教室長になってからは1か月あたりの休日が数日程度になり、体力的な限界を感じたことも大きいです。

また中学や高校入試の多様化が進んだために、情報収集もハードな作業になったことも大きな要因です。
通勤途中にスマートフォンで求人サイトを閲覧して、魅力的な募集案件が多いことも転職を強く後押ししていました。

求人サイトに登録したときに、コンサルタントが丁寧にアドバイスしてくれたことも転職のきっかけになっていると思います。
更に学習塾業界は人材の入れ替わり激しく、新入社員の育成がハードな作業な点にも不満を感じていました。

職場の同僚の多くもすでに異業種に転職しており、充実した暮らしを実現していることも羨ましく思っていました。

転職活動はコンサルタントとメールでやり取りしながら

転職に興味を持ったのはマイナビ転職のサイトを閲覧してからであり、仕事探しのプロセスでは丁寧な支援を受けていました。
働きながらの転職という事情もあり、メールでコンサルタントと何度も相談しながら就職活動を行っていました。

担当するコンサルタントが独自情報を提供してくれるので、その中から興味のある募集案件を選びました。
現在の職場に転職するための面接を受ける直前には、想定問答集も活用して独自の対策を実施しました。

残業が少ないことと、年収500万円以上で働ける点に一番のこだわりを持っていました。
結婚とマイホーム購入の予定もあり、転勤が少なめの勤務条件の仕事を選ぼうと思いました。

通勤時間を節約したいと考えており、駐車場が完備している企業の求人にも興味を持ちました。

転職活動では、時間の確保が最もハードだった

働きながらの転職活動ということもあり、時間の確保が最もハードであると感じています。
初めての転職という事情もあり、面接のときに自分の考えを上手に表現できない点にも不満を覚えています。

仕事探しの相談ではメールを使っていますが、コンサルタントからの返事が遅いために計画通りに仕事探しができないことも多かったです。
最初は学習塾業界で仕事を探すことも考えましたが、不動産会社に決めてからの業界研究がハードな作業であったと痛感しています。

主な業務は個人向けの新築一戸建ての住宅販売

転職したのは地元の中堅の不動産会社であり、主な業務は個人向けの新築一戸建て住宅の販売です。
分譲戸数が多い場合には現地の案内所で顧客に個別の物件を紹介することが多く、1か月あたりの成約件数は3戸程度です。

マンションからの買い替えを希望する顧客がいるために、個別に物件を訪問して査定を行うことも多いです。
新築一戸建てを開発する場合には土地を取得する必要もあり、地元の大地主との交渉を行う頻度も高いです。

そして実際に一戸建て住宅を建設する場合に重要なのは、建築士や施工会社との打ち合わせです。
特に3000万円前後で販売する物件が多い背景もあり、コスト削減のために取引先と交渉を行うことも大切な業務内容です。

家族と過ごせる時間が増えてマイホームも実現!

自由に意見が言える風通しの良い社風と、実力に応じて収入が増える点が、その会社を選んだ最大の理由です。
事前に企業情報も調べており、過去10年間の売り上げと収益の上昇傾向も参考にして転職先を決めています。

転職して休日が増えたために、家族と過ごせる時間が十分に確保出来たことに満足しています。
特に子供が生まれてからは保育園などの行事にも参加できるために、充実した家庭生活も実現しています。

収入が増えて短期間でマイホームの夢が実現できたことや、ローンの返済が円滑に進んでいることも良かったと感じています。
土曜日や日曜日に出社することが多い点が不満であり、その点が改善出来たらもっと良いと思います。

職場が交通渋滞の名所の近くにあり、朝の通勤では1時間以上かかる点が不満です。
学習塾業界は一般的には午後の出社ですが、不動産会社は朝9時までに出社する必要がある点にギャップを感じています。

不動産業界は予想以上にIT化が進んでおり、学習塾よりも高度なパソコンのスキルが必要な点も想定外です。
更に宅地建物取引主任者などの資格取得が必要であり、積極的に学習しないといけない点も想像を超えています。

転職は慎重に準備を進めることが重要!

転職する場合には、家族や友人と相談して慎重に準備を進めることが重要です。
求人サイトを利用するのが効率的ですが、仕事探しの過程ではコンサルタントのサポートが不可欠です。

業界研究をすることも大切であり、特に最大手の動向を注意深く調べる必要があります。
休日の取得状況や平均年収などの基本情報を丁寧に調べるのが、理想の転職を実現するコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です