クリーニング店に転職して手に職ができた!|自衛隊を辞めたい人の転職体験談

自衛隊を辞めたかったshitianxiangさん(22歳・男性・福岡県)が転職した体験談です。

仕事内容 久留米駐屯地の陸上自衛隊から布団・カーペット丸ごと洗いの洗濯工場に転職
年収 280万円から230万円にダウン

6カ月の訓練を経て自衛官として配属された

私は6年前まで陸上自衛隊久留米駐屯地の自衛官として働いておりました
部隊配属になる経緯についてですが、まず入隊した時に自衛官としての基礎を積む訓練が3カ月間あります。

この期間が俗にいう地獄の3か月間というもので、主に自衛官としての基礎動作・体力錬成等があります。
慣れないことをするので体が慣れるのに時間がかかり、きつくなってくるので地獄の3カ月教育と言われるのはここです。

最初の3ケ月教育が終わると、今度は専門職の訓練の期間に入ります。
これも3か月間は教育訓練の期間となります。

この時は、既に体が慣れていますので最初の3カ月に比べるとかなり楽になります。
ただ専門職は知識と・動くときの動作両方を習得するので違う意味で大変です。

合計6カ月の訓練金を経て正式な部隊配属となります。私は4年間部隊にいました。

いろいろと自由が利く外に出たい!

辞めようと思った動機になりますが、一番は塀の外の世界を知らないからです。
今の私からしたら井の中の蛙大海を知らずの状態だったなと思います。

当時の私は自由の利きにくい自衛官としておるのが嫌で仕方がなかったのと、外の方が色々と自由が利くというのが、自衛官を辞めようと思った最大の理由となります。
当時の私は、外の世界の厳しさを知らない子供でしたので一般社会で働く人たちが輝いて見えていました。

好きな時に外出が出来て、電気を消さないといけない消灯時間もない。朝の目障りな起床ラッパもない。
そして、家の中では自分のプライベートが充実している等考えておりました。

確かに自衛隊の宿舎の中はプライベートは存在しません。
それが全部重なって辞めようと思いました。

自衛隊には退職予定者向けの求人専門部署がある

自衛隊には退職予定者向けの求人を専門とする部署があります。
任期満了と定年退職者向けのサービスとなりますが、基本的には一般の転職エージェントと思っていただいて結構です。

概要ですが最初に自衛隊を雇いたいという企業の求人票が各退職予定者に配布されます。
これは、求人案内に乗っているような求人票と全く一緒です。
今度は、この企業に採用してもらうにはどのようにすればいいのかとかをエージェントの方がアドバイスをくれますのでその通りに実行する感じです。

転職際に求めた条件は、用事のある時に休みを確実に頂きたいという条件を企業の方に求めました。
普通に聞いたら自己都合で会社を休むとかとんでもないと思いますが、当時の私は一般的な社会常識を知らなかったので普通に企業に求めました。

自衛隊業務をしながらの転職活動するのはきつかった

転職活動中は、自衛隊の業務と訓練・転職活動を同時並行で行っておりました
大変だったのが自衛隊の業務をしつつ自分の転職活動を一緒にするのがこんなにきついとは当時の私は思ってもおらず、考えが甘かったのかなと思ったことはしばしばありました。

ですが、一般社会に出たら自衛隊と違ってほとんど自分で何でもしないといけないとエージェントの方に言われ、これも一般社会にでる練習と思って取り組んでみてと言われ、いやいやながらもやっていました。

主な仕事は布団とカーペットのクリーニング

転職先の仕事内容になりますが、布団とカーペットの洗濯・染み抜き・乾燥・お客様への納品が主な事業内容となっております。

布団についてですが布団も色々と種類があり、手洗いじゃないとダメなもの、機械洗いで出来るもの、染み抜きに回さないといけないもの等があります
断基準は素材と生地の傷み具合に染み抜きをしないと取れないものかどうかで洗い方が変わります。

カーペットはホットカーペットや絨毯がメインとなります。
ホットカーペットは染み抜きして機械で回しますが絨毯は機械洗いが出来ないので、ポリッシャー洗浄が基本となります。

その中でもシルク素材の絨毯はポリッシャー洗浄できないので専用の道具で洗っています。

手に職ができた!資格を取れば自分のお店も持つことも

クリーニング工場の会社に決めた理由としては、実家住まいになったので家から近い場所にあったというのが一番の決め手でした。
通い勝手がいいのは、車を持っていない私にとっては非常にありがたいことでありました。

クリーニング工場に転職してよかったのは、手に職が出来たということです。
クリーニングは染み抜きは職人技となる技術が必要な仕事でした。

その技術を学ぶには自分で実践して、落ちないシミは研究・勉強しながらしていたので、苦にならない自分に向いている仕事ではないかと思っています。
クリーニングで独立するためにはクリーニング師という国家資格が必要でこの資格は2年に1回講習を受けて初めて自分で店を持つことのできる資格となっております。

この資格を持つことで自分の店を持つことが出来ます。
やり方によってはお金持ちになるのも夢じゃないような資格なので取っておいて損はないと断言できる資格なので、この資格が取得できるのは良かったなと思います。

満足できなかったのは給料が比較的に安すぎるのがあります。
残業をしないと稼げないのである意味きついです。

自分に向いているのか考えて慎重に行動を

転職を考えておられる方がいましたら、この仕事は自分に向いているのかを考えて慎重に行動するのが一番の近道です。
最初は戸惑い・苦しみ・もがくこともあるかもしれませんがそれも人生の一つのイベントだと考えると気が楽です。

あんまりいいことは言えませんが、何事も難しく考えずに、気楽に考えるほうが意外といいかもしれません。

shitianxiangさんの転職満足度
4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です