起業に向けて、様々な業界に接する仕事に!|飲食店を辞めたい人の転職体験談

飲食店スタッフを辞めたかったゆーじさん(24歳・男性・千葉県)が転職した体験談です。

仕事内容 大手居酒屋チェーンから人材紹介の営業に転職
年収 250万円から400万円にアップ

アルバイト先の店長にあこがれて!

居酒屋チェーンで働いたきっかけは、尊敬できる方がそのチェーンで働いていたからです。
元々学生時代にこの居酒屋でアルバイトをしていたのですが、そこで店長をしていた方が気さくで人間的にも優れており、いずれ自分もこうなりたいと思いました

また、いずれ何かで独立したいと考えていたので、その候補のひとつとして飲食店があっても良いかと思い、経験を積むという意味でも入社しました

仕事内容は初めはアルバイトの延長でホールがメインでした。
たまにキッチンの手伝いもしておりました。

また、シフトの管理、金銭の管理、他店のヘルプをしておりました。
勤務年数は約2年間です。

働いているときは、世間がいう程ブラックには感じられず、また、社員同士仲良かったので楽しかったです。

違う業界へ転職し、起業に向けて勉強していく!

辞めようと思った理由は3点あります。

1点目は、自分は飲食店に向いていないなと感じたからです
元々独立する際のひとつの候補として飲食店があり、その勉強も兼ねていたのですが、飲食店を立ち上げても何を成し遂げたいのか見えなくなったので、違う業界に転職しようと思いました。

2点目は、時間が不規則だったことも理由です。
いずれ起業するために勉強しようと思っていたのですが、勤務が終わる時間が遅く、肉体労働で疲れもきてしまい、なかなか自分の時間を作ることは出来ませんでした。
今後、まずはオフィスで働く仕事につき、自分の時間を作りながら、今後に向けて勉強していこうとも思いました

3点目は、有休が取れない環境であったためです。
勤務している際に母が病気になりましたが、有給を取って看病しようとした際に、その有給を取らせてくれませんでした。
理由はシフトの人数がどうしても足りず、ヘルプ含めても厳しいとのことでした。この時有給が取れなかったのは様々な原因で結果とれなかったので、普段は取れるのですが、今後このようなことが起きてしまうのは怖いと思い、転職することにしました。

平日午前中の空き時間を利用して転職活動

転職活動は主に転職サイトと転職エージェントを使って行いました。活用した転職サイトは「マイナビ」「ビズリーチ」、転職エージェントは「マイナビエージェント」「パソナキャリア」「リクルートエージェント」「タイプエージェント」「UZUZ」「Spring」です。転職は仕事の合間を使って行いました。

幸い、平日の午前中が空くことがあるので、その際にエージェントに相談しにいったり、自分で企業研究したり、会社の面接を受けにいきました

転職先に求めた条件は、
・年収:400万円以上
・職種:営業
・希望業種:特に希望業種がなく、様々な業界の人と繋がることが出来る業界がよい
・福利厚生がしっかりしている
・東証1部上場企業で従業員300名以上
としました。

起業研究のやり方がわからず大変だった

転職活動中に大変だったこと、悩んだことは大きく2点あります。

1点目は、時間の調整です。
平日の午前中に空いている時があるとはいえ、企業との面接調整は何往復か連絡を取り合う形になってしまったこともあります。
どうしても、午後もしくは業務後の時間は仕事があったので、その調整は大変でした

2点目は、企業研究です。
正直、新卒時代に就職活動をちゃんとやっていなかったため、やり方がわかりませんでした
また、人材業界の面接を受け始めてからは、自分について聞かれることが多く、自分について改めて考えることが大変でした。

あらゆる企業にテレアポ!人材紹介業の仕事

転職先の仕事内容は主に人材紹介業の法人営業です
あらゆる企業にテレアポをし、求人を出しているか聞きます

そして、求人を出して、人を探している場合は仕事内容をヒアリングし、社内のデーターベース上にいる候補者とのマッチング作業を行います。
そして、マッチングした候補者を企業側に推薦し、ご興味頂いた際には面接調整を行います。

その後、面接後フォロー、内定がでたあとは候補者と企業の間にたち、条件や年収の交渉を行います。
また、頂いた求人を自分なりに噛み砕き、候補者にわかりやすくするように求人票を作ります。

また、担当企業は既存企業のフォローアップが5割、新規開拓が5割です。
新規開拓ではテレアポのリスト作りから行っています。

様々な業界と接する、楽しくイキイキした職場

この会社に決めた理由は2点あります。

1点目は、人材業界なので様々な業界と接する機会があるため、今後の勉強のため入社しました

2点目は、面接を通じて出会った人たちがイキイキと働いていたからです。
こんなにイキイキと働いている環境はどんなものか見てみたく入社しました。

転職して良かったことは、働いている人に対しての入社前と入社後のギャップがなかった点です。
実際に一緒に働いてみて、楽しくイキイキと働いている人が多いです
また、様々な業界の仕事を知ることができ、日々新しい発見があり、やりがいを感じます。

あまり満足できなかったことは、昇給額が少ないことです。
ポジションの昇進は多々あるのですが、昇進したもののあまり基本給料が変わりません。
また、ボーナスも少なく、他社の人材会社に比べてもインセンティブの割合も少ないため、今後の給料の上がり具合が心配です。

想像と違っていたことは、前述した給料体系です。
結果を出せば、昇進が出来ると入社前に聞いていましたが、給料体系までは聞けていませんでした。
若いうちはいいですが、今後、家庭をもった時のことを考えると給与に関しては不安が残ります。

包み隠さず話せるエージェントに希望を伝えよう

何でも包み隠さず話すことが出来る、転職エージェントを見つけてください
そのためには、時間は少しかかりますが、いくつかの転職エージェントにお話を聞きにいくことをお勧めします。

エージェントが決まったら、包み隠さず自分の希望をしっかり伝えてください
そしたら、自分に合う、もしくは合いそうな求人をいくつかご紹介頂けるので、そこ空自分で探してみてください。

また、転職エージェントでは面接対策もしっかりしてくれるので、こちらも是非活用しましょう。

飲食店から別の仕事に転職するコツの解説はこちら!
飲食店からの転職【飲食店からの転職】成功・失敗を分けるポイントは?おすすめの転職先も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です