先輩に誘われて、以前勤めた会社に!|飲食店スタッフを辞めたい人の転職体験談

飲食店スタッフを辞めたかったわらびさん(39歳・女性・広島県)が転職した体験談です。

仕事内容 駅構内のそば処の調理から生命保険の営業に転職
年収 約150万円から約150万円で変動なし

お昼時はとても忙しくて、目が回るほど!

駅構内のおみやげ屋さんのところにある飲食街の中の一つ、そば処で調理をしていました
元々、料理を作るのが好きだったこともあり、その他にもたくさんのメニューがありましたが、男性2人と私の3人で担当を小分けして十分忙しい時でも仕事はうまく回っていました。

お昼時はとても忙しく、目が回るほどお客さんが入り、体調を崩すときもありますから体が健康でないと勤まらない仕事です
また人数は絶対なので、急に休んだりすることもできません。

どうしてもという時には、忙しい中、本店の店長さんが応援で入ってくれることもありました。
でも本店も忙しいので、めったにありませんでした。

その頃は若かったけど、周りのお兄さんも自分より若いお兄さんたちで、3人で協力してやっていました。
仲は良かったです。

お客さんもサラリーマンや、忙しく新幹線に乗るような仕事の人が多く、出した料理をとてもおいしそうに食べてくれるので、やりがいはありました。

十分な福利厚生が受けられなくて…

仕事に関してはなんの不足もなかったのですが、だんだん仕事すればするほど不満が出だしたのは、頑張っているのにパートだと十分な福利厚生が受けられず、ほとんど恩恵が受けられないことです

また、仲間とどこかに遊びに行ったり食べに行ったりできないことも悲しくなってきました
有給休暇もとれないことに、とても頭が悪い会社だと思うようになりました。

店長が一度、店を逃げ出したことがあって、本店の店長に連れ戻されたこともありました。
そういうのが、言いはしないけど、下の私たち2人にに無言で伝わったのもあるのでは?と思います。

なんとなく店長が自分の時間をゆっくり持ちたがっていたので、そういうのがあれば、ウエイトレスの人も含め、みんなゆとりを持って楽しく仕事が出来たのではないでしょうか…

やっぱりあの時仕事を辞めたいと思ったのは、待遇面でここはかなりよそに劣ると思ってしまったことです。

以前勤めていた保険会社から誘われて

就職活動は近くのハローワークに行ったり、新聞の折り込みチラシを見たり、アルバイトの求人誌を見たりいろいろやって探しました。
安定しているという理由から、病院関係を探したりしていました。

だけど、以前勤めていた生命保険の支部長さんから電話が入ったりして、またうちで働かないかと誘われ、何かの時には応援するから…と言われ、考えに考えて、また元の会社に戻りました
大手生保会社なんですが、人を募集していて、たまたま私がフリーになってたから向こうとしても有難かったようです。

以前働いていた会社なので、条件はある程度わかっていたので、そんなには期待していませんでした。
給料は、そこそこあればいいくらいにしか思ってなかったです。

ただ、休みはわりと取れるのでそこは前と全然違いました

できることを増やして広角に選びたかった!

就職活動中はただガムシャラに当たっていたので大変だったとか悩んだとかはなかったです。

自分ができることで貢献したい、というのが私の場合強かったです
「できないことは私のプライベートタイムでやろう、会社に迷惑をかけるな!」というような、完全に大人の考えになっていたのもあって、できないことでは面接そのものを選んだりしませんでした。

だから、悩みといえば、できることをもっと増やして広角にいろいろ選びたかったということですね。

昼に毎日、法人先で立ち続けるのも仕事の一つ!

仕事は生命保険の営業で、新規顧客の開拓もありますが、今まで入っていたお客様の保険の見直しや、新しい商品の案内、家族構成が変わった時の手持ちのデータの変更やそれに伴った別の作業が主な仕事です

昼に毎日、法人のところへ行って立っている、というのも仕事の一つです
例えば、郵便局の貯金の係りの人がいつも立ってくれていたらお金に余裕のある人はその人に預けますよね?そういう感じで保険について聞きたい人もいるわけです。

例えば、自分は入らなくても子供に子供が生まれた、学資保険のパンフレットが見たい、とか、若い人だったら、結婚が決まって、2人で入る夫婦保険に入ることを考えていてよそと比較したいからそっちのパンフレットも見たい、とかです。

そういうお声をかけていただく為に立ち続ける、というのもお仕事の一つです。

女性が多い職場、コミュニケーションがあって楽しい!

先輩に誘われた、というのが一番大きいです。
1人ではまたそこへ入りなおしたか?というと入ってないです。

生命保険も、昔なら1人が何件も入るからたくさん件数上がったけど、今はネットで入る生命保険や何やたくさんあるので厳しいです。

転職して良かったことは、女性が多い職場ということもあって、時間的に余裕が生まれて家のこともきちんとできたこととか、みんなとのコミニュケーションがたくさんあって楽しいこととかです

営業なのでとにかく勉強がとても大事なんです
新聞の記事もある程度把握しておかなくてはならないし、金融関係の記事も必ず目を通さなければいけないし、忙しいし営業所のミーティングで、所長がボードでたくさんの、新しく変わったことを教えてくれます。

主婦が多いこともあります。
そういったミーティングがあるからこそ、みんなでブレることなく同じように営業できる、というのもありますし、新しく損保業務も売らなければならない為にたくさん資格の勉強もしています。

役に立つことが数多く勉強できるので、数字にも強くなれますし、女性にはもってこいの仕事だと思います。
ただ、キツイのは成績が残せるかどうかです。

リスクを負っても自分の才能を早く見つけて!

自分で自分の才能を早く知るべきです。
その為には多少リスクを背負うこともあると思います。

だけど、受け身でばかりいたのでは自分というものが何者なのか全然わからなくなってしまうから、とても勇気のいることだけどリスクを負っても自分の才能を早く見つけてほしいです
そして、そういった場所に早く就職して、今度は次の後輩を育てていってほしいと思います

向いている場所だったら周りの人ともウマが合うから、後輩もたくさんできます。
仕事が楽しくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です