借金を返し終わり子供のため昼間の仕事を|風俗を辞めたい人の転職体験談

風俗を辞めたかったシンママさん(32歳・女性・群馬県)が転職した体験談です。

仕事内容 県内のデリヘル嬢から介護士に転職
年収 450万円から180万円にダウン

離婚したてでスナックと風俗を掛け持ち

離婚したてで、生活がなかなか立て直せなくて、スナックと風俗を掛け持ちでやっていました。
あちこちから借りてしまった借金を返すため、一時的な感じで始めました。

スナックは、お店に来ていただいたお客様におしぼりを出しお飲み物を聞いて、お酒を作って一緒にいただいて会話をすると言った感じでした。

デリヘルは、電話をくれたお客様の指定したホテルや自宅に行き、一緒にシャワーなどで体を洗って消毒してあげならが性的サービスをするお仕事でした。
セックスは基本的に禁止で、素股かフェラかパイズリなどでフィニッシュまでしてあげます。

キスから始まり恋人同士のように過ごして、お客様に満足して帰って貰って終わりです。

スナックは女の子がママを入れて5人、デリヘルは10人程いました。
1年半ほど務めました。

子供たちのためにも普通の仕事をしたい!

借金も返し終わり、子供たちのためにも『普通の仕事』をしたいという思いが強くなりました。
お金は確かに大事だけれど、その代償は私の中ではとても大きいものでした。

昼も夜も働いて、どっちかにしようと思った時、スナックなら残る選択肢もあったのですが最終的に子供達が『夜はママにおうちにいてほしい』と言われたので、夜の仕事はきっぱり辞める事にしました。

どうせやるなら自分の好きな仕事や興味のある仕事でないと続かないと思ったので、学校に通い資格を取って介護士になりました。
中卒でできる仕事なんて限られていたのですが、どうしても介護士になりたい思いも強かったんです。

子供達も大賛成で応援してくれたので、ますますやる気になりました。

子供のことで休めて自宅から近いことが絶対条件!

学校を卒業する時にある程度の情報をもらって自分で選んだり、研修(実習)に行った所にお願いしておいたりしました。
実習に行った所は近所で、子供達の学校からも近く家からも近いのがとても魅力的だったからです。

『もし、学校を卒業できたら雇って貰う事はできますか?』と聞いておいたんです。
資格がなくてもすぐに働けると言う事だったので、卒業を待たずに面接をしてもらい即採用してもらいました。

その前には、色々求人雑誌をみたりバイトルや職安のアプリで見てました。

子供の事で休んでもある程度大丈夫な所、自宅からできるだけ近い所は絶対条件でした。
時給もある程度は希望はあっても、近ければガソリン代もかからないですし子供優先できるならいいと思って、そこまでは求めませんでした。

見学に行った施設に理想と近いものがあったけど…

一つ見学に行った施設もいいところで距離的にもそんなに遠くなく、私の介護の理想と近いものがありとても悩みました。
最終的に、夜勤をたまにできる事と休みはできるだけ少なくしてもらいたいと言われ、そこは諦めました。

子供がいるとやはり嫌な顔をするところもあり、3人以上だとそれだけでも不利なのだと思いました。
『子供が具合が悪くなっても協力してくれる人はいますか?』と問われた時、具合の悪い子供を放って仕事に来れますか?と捉えてしまいそこは諦めました。

夜勤は免除してもらえてありがたかった

特別養護老人ホームだったのですが、夜勤は免除してもらえたのでありがたかったです。

平日昼間は、交代で午前中は入浴介助、中で体を洗ってあげるのと、脱衣や着替えの介助です。
それからお昼休みも交代で、食事介助をします。薬も飲ませ、少し休ませてトイレ介助をします。

午後は翌日の準備や見守りやお風呂掃除など、着替えも袋に入れて専用の部屋に名前別にわけでおいておきます。(家族の人が取りに来るので)
施設で洗濯の場合はネットに入れて、業者さんに頼む用紙に記入し洗濯の内容を細かく記入します。(紛失を防ぐため)

週2日はリネン交換で、シーツや枕カバーなどを取り替えて洗濯に出していました。
そのあとは施設内の掃除や見守り、レクリエーションなどをしていました。

和気あいあいの職場、ありがとう!の言葉に幸せを感じた

従業員も和気あいあいとしていたのと、利用者のみなさんがとても笑顔で過ごしていたのが素敵だと思いました。
最低限度の言葉以外はとてもフレンドリーで、本当の家族のように感じたんです。

とてもいい施設なんだと肌で感じる事ができたので、その点がよかったです。

やはりすごく大変でした。
力仕事で肉体労働でもあるので、最初は筋肉痛なら足が曲がらなくなる程痛かったり大変な事もありました。

でも、おじいちゃんおばあちゃんがニコニコしながら『ありがとう!』と言ってくれるのがすごく幸せに感じました。

認知症の方は想像以上に大変で、真っ直ぐ向き合いたいと思ってもなかなかできず苦戦しました。
給料面でもがくんと下がってしまったけれど、借金がない分楽になったので少しだけ大変な時もあったけど何とかサイクルを作って大丈夫でした。

『帰りたい』と思われる利用者の方もいて、その時の対応が納得できない部分はありました。
認知症の方は特に忘れてしまうので、上手く誤魔化すような騙してるような感覚でちょっと嫌でした。

食事を一緒にしたかったけど、認知症で大変だったり食事も体調などで違うからそれも叶わなかったのは残念でした。

好きな仕事をしていると毎日楽しい!

やりたい事は、絶対やった方がいいです!
後悔するくらいなら、やってみた方がいいと思います。

好きな仕事をしていると仕事を嫌に思いませんし、仕事に来てるのか遊びに来てるのかいい意味で分からなくなり、毎日楽しく仕事ができるんです。

仕事はしなきゃならない事だと思うので、どうせなら楽しくした方が得ですよね。
思いついたら即行動が1番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です