安定を勝ち取った!看護師への転職|風俗を辞めたい人の転職体験談

風俗を辞めたかったここなさん(25歳・女性・兵庫県)が転職した体験談です。

仕事内容 大阪十三のホテヘルから医療業の看護師に転職
年収 500万円から300万円にダウン

週6日勤務で手取り15万に嫌気がさして風俗嬢に

高校を卒業して何となく製造業に就職しました。
週6日勤務で手取り15万円に嫌気がさして退職しました。その後、取り合えずと言う繋ぎ感覚で風俗嬢になりました。

週に1.2回、少ない時には一週間働かずに年収を前職以上になりました。
こんなに会社にとらわれないで働ける場所があるんだと感慨深い気持ちになりました。

ホテヘルの仕事は十三の店舗まで行き、お客さんが入れば近くのホテルで60分のサービスを行います。
それで8000円です。備品代を500円引かれても十分な儲けでした。

会社の規模はそんなに大きくないと思います。
ただ、系列店が数店舗あった様子で、その店が嫌なら他も紹介は可能と言われました。

私は特に問題なかったのでそこで数年働きました。
前職は週に6日勤務だったので、稼ぐよりも遊びたいと思い週に数回という働き方をしていました。

入学できそうな中で資格として強い看護師を選択

前職は3年ほど働きました。風俗になったのは21歳でした。
不安はありませんでした。何故ならこれ以外の仕事をずっとするつもりだったからです。これは繋ぎだと思っていました。

具体的に行動したのは風俗嬢になって1年後でした。
それなりにしっかり遊んだし、同級生も皆、大学を卒業し社会人になっていったので、そろそろ本格的に動こうかと思いました。

看護師を選んだのは私でも入学出来そうな中で資格として強い物を探した結果でした。
人の命を守る手助けをしたいとか、人に感謝されたいとかそんな気持ちよりも安定した職を探した結果でした。
給料面も申し分ないので、看護師に狙いを定めました。
ただ、看護学校に入ってみて気付いた事は、結構忙しいと言う事です。
遊んだりお洒落をしたりするお金も必要でしたので実習で忙しくなるまで風俗は続けました。

辞めても次があるから看護師はやっぱり正解!

看護師の資格を取得すれば、ほぼどこでも雇ってもらう事は出来ます。
最初の就職は学校の母体になっている病院に勤めました。形式上面接はありますが、いまだかつて落ちた人はいません。

内部からの就職は保証されているんだなと思いました。
その後、数回転職を繰り返していますが、アンやタウンワークを利用しています。

看護師を数年していると、開業する医師からの誘いもあり、引き抜きという形で次々と就職しています。
仕事を辞めても次の仕事があるので、看護師はやっぱり正解だったなと思っています。

一番は安定です。
ある程度の給料の保証と週休二日です。
大きな病院に就職した時には福利厚生も充実していました。

その全てを満喫する前に離職しているので、なんとも言えませんが…。
転職もしやすく、仕事が無いという事が無い業種を希望しました。

資格さえ取ってしまえば何とでもなる

転職活動はそんなに大変ではありませんでした。
資格さえ取ってしまえば、何とでもなったからです。

ただ、風俗をしている事は隠していました。
なので、普通に現役(私よりも当時4学年下)の子達と話すときには内容によっては辛かったです。
特に風俗嬢をさげすんだ事を言われた時です。

ただ次第に、こんな何も経験が無い人に何を言われても良いかという感覚になりました。
経験は強いです。想像で話している人をあしらってしまい、その内さげすんでいるのは私自身だと気が付きました。

大きな病院のOPE室に、サービス残業は当たり前

はじめに就職したところはOPE室です。
週休2日制で土日祝が休みです。夏休み、冬休み、その他に10日間の連続休暇もあります。

朝の8時30分までに出勤して17時30分が就業時間です。
ただ、大きな病院なのでサービス残業は当り前です。帰宅は毎日20時から21時です。

暗黙の了解のサービス残業ですが、看護師の仕事に慣れるまでは辛抱だと思っています。
半年後からはオンコールの電話を持つ様になりました。緊急的にOPEが入った時に出勤するのです。

その分も手当が付く様になりました。何度が出勤しています。
私はあたりを引き易くカイザーばかりです。

ちょうど翌日はスタッフも多いので、仕事は休みになりました。
年々OPEの数が減ってきていると師長は嘆いていましたが、看護スタッフは仕事の数が減るので、楽です。

正社員として雇用され給料が保証されている

看護学校は5校試験を受けました。
その内受かったのが、この病院を母体としている看護学校でした。

受かってしまえば、勉強は頑張るつもりでしたので、どこに受かろうが同じでした。
そして、そのままその病院にほぼ100%就職するのです。

その為、私も国家試験と就職活動を行う手間を省く為に、そのまま就職を希望しました。

良かった事は仕事の安定です。正社員として雇用されているので、言われた仕事を言われた時間こなせば給料が保証されている所です。
又、就職して気付いた事は看護師の資格の社会的地位や信頼が高い所です。

初見の人には基本的に凄いねと言われます。

満足できなかった事は思った程の給料は無いと言う事です。
結構高給と言うカテゴリーでくくられる看護師ですが、国家資格の割に安いなと言う感覚は拭えません。
夜勤等をしないと手取り30万円以上になる事はありません。

想像と違った事は、もっと事務的な仕事だと思っていた事です。
時間になれば患者さんの所に出向いて、点滴をして…。それは本の業務の一部にしかないと気付きました。

黙々淡々と仕事をしたかった私にとっては、接客業は結構面倒臭いなと思っています。
又、就職して感じた事は看護師は本当に真面目です。就業時間を何時間も過ぎても、無給で患者さんの為にカンファレンスを続けます。

風俗をしながらも一生働ける仕事を模索すべき!

風俗はきっとがっつりと稼ぐ事の出来る仕事です。
ただ、それで一生食っていけるかと言うと本当にごく一部の女性だけだと思います。

それならば、風俗をしながらも一生働ける仕事は何か、自分は何ができるか、何がしたいかと考えながら仕事を模索すべきです。
目先のお金だけに囚われて風俗を続けていくときっと辛い時期が来ます。

それは年齢という物かもしれません。彼氏や親にきちんと顔向け出来ないと言う引け目かもしれません。
全うな仕事が一番無難な場所に居れる事は間違いありません。

何をすべきか、どうなるのか、考えながら生きる必要は風俗を続けている人だけではなく、資格を保有している看護師や色なん職業にも言える事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です