異業種への転職、広い視野で仕事ができる!|保険の営業を辞めたい人の転職体験談

保険の営業を辞めたかったTAKAさん(25歳・女性・長野県)が転職した体験談です。

仕事内容 国内大手生命保険会社の法人営業から介護事業所の事務職に転職
年収 270万円から240万円にダウン

大企業で働く社員向けの保険営業

金融機関に関心があり、新卒で入社しました。
具体的な仕事内容は、首都圏にある大企業で働く社員に自社保険商品の営業を行っていました

また、新規契約件数を増やすことと同時に、既契約者へのアフターフォローとして契約内容の確認活動や、ライフプランに沿った新商品の提案営業をしていました。
1日の予定は、お昼に営業先に出向き保険商品のPRや個別提案、夕方には提案営業やアフターサービスを行うことが多かったです

東京都内で働いていたのですが、時には担当企業の支社にいる顧客への営業のため、神奈川県や千葉県へ出向くこともありました。
また半期に1回新規顧客の獲得を目的としたイベントを開催していました。
経験年数は2年間です。

女性だけの職場、人間関係に気を遣って…

辞めようと思った理由は、職場内の人間関係です。
女性しかいない職場だったので、新卒や2年目の職員は仕事以外の面でも職場の雑用役を任されることが多く、とても忙しい日々を送っていました。

その中でも人間関係には人一倍気を遣う必要がありました。
たとえば、先輩よりも契約件数が多かった場合、必ず妬んでくる人がいるので、そのような人を刺激しないように雑務を多くこなすなど、職場内で浮かないように気をつけていました

また、上司からのパワハラも酷くとても辛い日々を過ごしていました
2年間働きましたが、今後この職場で働いていける自信がなくなってしまい、全く別の業種に転職しようと考え出したのがきっかけで、転職活動を始めました。

残業が少なく、資格を活かせる仕事に応募!

最初は転職エージェントを利用していました。
主に利用していたのはリクルートエージェントです。

営業職以外の職種で検討していたので、それに沿った仕事を提案してもらっていました。
しかし、名前を聞いたことがない企業が多く働くイメージがつかなかったことと、リクルートエージェントの担当者の対応があまり良くなかったので、次第に利用を遠ざけてしまっていました。

最終的には医療業界に絞っていたので、自分で医療業界の転職サイトから応募していました

営業職以外の職種にしようと思った理由は、残業が少ないことと、長く働けることです。
保険営業は残業が多く、生活が不規則になりがちだったので、転職先は残業が少ない職場を探していました。

また、医療事務と介護事務の資格を取ったので、資格を活かして長く働ける職場を探していました

前職を続けながらの勉強、転職活動は大変

大変だったことは、前職を続けながらの資格の勉強、転職活動を送っていたことです。
仕事は帰宅時間が不規則なので、帰ってから資格の勉強をすることはかなり労力がいります。

仕事に疲れて勉強が疎かにならないよう、気を張っていた思い出があります。
また、それと同時に転職先も探さなければなりませんでした。

しかし、未経験を歓迎している職場は少なかったため、求人を見つけることに苦労しました。
給料も前職に比べれば低いところが多かったので、生活をしていけるのか悩んでいました

ミスがあってはいけない、療養費明細書の作成

毎月の療養費明細書の作成、利用者の会計管理、電話番、訪問看護システム管理、その他事業所の庶務を行っています。
そのなかでもメインになるのが、療養費明細書の作成です

毎月10日までに国保連合会や、社会保険支払基金に療養費を請求しなければならず、しかも1人で130名の利用者の請求を行うので、重大な責任を負っています
ミスがあると事業所の経営にも関わるので、なるべく失敗しないようにしなければなりません。

利用者の会計管理は、月の利用料を請求する業務を行います。
利用者が亡くなっている場合は、銀行口座が閉じられているので、支払いの案内を郵送しています。
また、事業所にかかってきた電話対応や来客の対応を行っています。

給与は下がったけど、仕事がやりやすい環境!

取得した資格を活かせることです。
医療事務だけでは足りないと思い、介護事務の資格を取りました。

介護事務を募集している職場が少ない中、たまたま今の職場が募集をしていて応募をしたら採用されたことがきっかけです。

良かったことは女性しかいない職場ですが比較的人間関係が良いことです
前職と同条件ですが、今の職場は年齢層が幅広く、独身者も既婚者もいるので1つの考えにまとまらないことです。

医療職なので上下関係は厳しいですが、比較的和気藹々としています。
私は事務職ですが、仕事がやりやすい環境に居られることは恵まれていると思います

あまり満足できなかったことは、給与面です。
保険営業に比べると、月の給料は約5万円程下がりました。

一人暮らしなので大きな痛手です。
やはり仕事の大変さも異なるので、給料が低いことは仕方がないことかもしれませんが、保険営業の給料を知っている分、正直満足することは難しいです。

賞与も他職種に比べればかなり低いので、仕事の割りに合いません。
想像と違ったことは、看護師はキツいイメージがありましたが、私の事業所の看護師は比較的優しい人が多かったことです。

多職種を経験している分、広い視野で仕事ができる!

給与面はガタンと下がる可能性が高いことをよく理解しておいてください。
専門職の場合、キツくても専門性が高いことを評価されて高月給であることが多いので、その恩恵を知ってしまうと他職種での給料に不満が出てしまいます

ですが、他職種を経験している分、同業種の経験しかない人に比べると広い視野で仕事をすることができます
その点が評価されるでしょう。
転職する前には、他業種の知識も持っておくと有利になります。

保険の営業から転職する方法の解説記事はこちら!
保険営業からの転職【保険営業から転職したい】失敗しない転職先はどこなのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です