女性が多い部署に就職|ガールズバーを辞めたい人の転職体験談

ガールズバーを辞めたかったカナミさん(24歳・女性・東京都)が転職した体験談です。

仕事内容 足立区のガールズバーからIT会社の事務職に転職
年収 360万円から460万円にアップ

友だちの誘いでガールズバーで働くことに

一般的なガールズバーで働いていました。
大学卒業後は定食につかず他のアルバイトをしていたのですが、友人からのお誘いがありガールズバーで働いてみることにしました

夜の20時から遅い時は朝4時まで、週5で働いていました。
平日のお客さんが少ない日は12時や1時頃帰される時もあります。

時給は未経験でしたが、友人の紹介ということもあり1700円程でした。
働いていた期間は22歳から24歳の2年間ほどです

基本的な業務内容は開店時間帯からから入る日は、お店の掃除、お酒、おしぼりの補充、ティッシュ配り、飲み物の提供、接客、ブログやSNSの更新などです。
閉店時までシフトが入ったいる日は、お店の片付け、売上金の確認、などです。

精神的・体力的な限界

夜から朝までの仕事なので、体力がもたなくなり、お酒も飲むので身体を壊しがちになった事から、お昼の仕事への転職を考えました
また、お客さんが少ない日は予定のシフトより早く帰されることがあるので、希望通り稼げない日もありました。

お客さんとの連絡交換は基本的にダメなのですが、他の子は結構交換などしてお店に呼び、ドリンクバック代などもあるのでそれで稼いでいる子もいました。
また、途中でオーナーが変わり、積極的にお客さんと連絡を取る方針になり、それが嫌だったのもあります。

女の子同士の揉め事はなかったですが、女の子とボーイや送りの男性と付き合ったり男女の関係があったりすることも多かったです
精神的、体力的にも限界を感じたので転職を考えました

応募資格に当てはまらず断念することも

基本的には地元のハローワークに通っていました。
二日に1回くらいハローワークへ行き、PCで自分の希望する会社があるかどうか検索します。

希望に合う会社が見つかったら、担当の方へ相談し、書類送付や面接などに進みます。
担当して頂いた方が親切丁寧で、セミナーや講習会、会社説明会の案内なども色々と教えて頂けたので、積極的に参加して少しでもスキルアップできたらと考えていました。

WEBの転職サイトもいくか登録しました。
マイナビ、ジョブワークス、en転職、ジョブクル転職などです。

ハローワーク中心だったので、WEBのサイトは登録して案件を眺めてる程度でした。
希望条件に合う会社がいくつかあったのですが、経験の無さから応募資格に当てはまらないことが多かったです

条件は通勤が片道30分以内で、可能ならば満員電車ではない方向が良かったです。
お給料は毎月20万ほど、残業はあっても良いですがそれほど長くないところと、毎月生理痛が酷いので、積極的に生理休暇がとれやすそうな仕事体制なことと、女性が多い部署を希望しました

履歴書の書き方から勉強

大学在学中に就職活動を殆どしなかったので、就職の事について何も知りませんでした。
履歴書の書き方から提出方法、面接方法など、基本的知識が全くなかったので、そこから勉強することになったのが大変でした

通っていたハローワークにその様な人向けのセミナーがあることを知り、そこで参加して知識を学んでいたのですが、無料のものはインターネットや本から学べる程度の回もあり、そういう時は時間の無駄だったかなと思います。

面接のセミナーなともあるのですが、人見知りする方なので、最初の頃は大きな声を出すことに恥ずかしさがあり、慣れるまで何回も練習して大変でした

転職先はSE補佐の事務職

現在はIT企業の事務職で働いています。
事務職とはいっても、基本的な事務ではなく、SEの補佐を行う事務です。

会社の独自のシステムを使用し、見積の依頼、受注、提出が遅れている見積と受注についてフォローを行なったりです。
時にはお客様からの問い合わせについて、担当のSEへ確認し、代わりに回答したりする業務です。

直接的なSE作業は少なく、本来SEがやるべき仕事だけど作業ができていない事務的な部分を補佐する仕事です。
3、4人のチーム体制で行なったいるため、フォローし合っていたので残業は比較的少なかったです。

何かトラブルが起きた際も、一人で解決はせず、チーム内で報告、連絡、相談を重要視していたので、誰かがミスをしても皆でフォローする体制が整っていました。

女性が多い部署なので安心

決め手は募集していた部署が女性が多いことと、チーム体制をとっているので、未経験でも問題ない仕事内容だったからです
面接を担当した方も好印象でした。
通勤が片道30分かからないことと、最寄りの駅から徒歩3分だったのも決めてでした。

良かったことは、未経験の私への教育体制がしっかり整っていたことです。
マンツーマンで先輩が指導係になってくれて、分からないことは質問しやすい雰囲気でしたし、まだ慣れなくて仕事に時間がかかってしまった際もお声がけ頂き いて毎日フォローしてくださった点です。

また、夜の不規則な生活とお酒のせいでずっと肌荒れに悩んでいたのですが、転職して朝起きて夜寝て、野菜を食べるだけで3週間ほどで改善が見られた点も良かったです

あまりまんぞく出来なかった点は、勤務年数が増えるにつれて仕事内容が増えるのですが、お給料へは反映されないことです。
想像と違ったことは、IT会社の事務職と聞いていたのでオフィスの雰囲気はもっと自由で働き方もフレキシブルかと思ったのですが、実際は規約が多い規則正しい感じの雰囲気でした。
お客様とも直接合う機会もあったので、あまり気を抜けないところが想像とはちがいました。

冷ややかな目で見られる前に

自分と同世代の方々限定のアドバイスになったしまうかもしれませんが、完璧な夜型体質でお酒に強く、周りの友達も夜のお仕事をしている人が多いならそのまま続けて問題ないとおもいます。
しかし、身体を壊してまで続けるのことは絶対におススメしません

新しい仕事や、新しい環境というは仕事でよ慣れるまでは大変で、時給換算すると夜の仕事より少なくて心が折れそうにもなりますが、慣れてくれば大丈夫ですし、何よりボーナスや有給があるのが嬉しかったです。
また、夜のお仕事には年齢に限界があり、見た目が童顔でも30を過ぎると結構ひややか目でみられる事が多いです

よほどの小悪魔魔性か、熟女に特化しているお店なら問題ないですが、それ以外だとどんどん自分より若い子が増えていき、同じ戦い方では勝てなくなります。
転職も良い条件だと30歳までというところも多いので、今のお仕事に未来の希望が見えない場合は早めの転職をお勧めします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です