収入は下がったけど、毎日が新鮮で濃厚!|ガールズバーを辞めたい人の転職体験談

ガールズバーを辞めたかった奈々さん(27歳・女性・東京都)が転職した体験談です。

仕事内容 上野のガールズバーから美容機器メーカーのヘアメイク、メイク販売員に転職
年収 360万円から276万円にダウン

舞台役者として活動しながら3年ほど勤務

私はさまざまな夜の仕事をやっておりました。
その中で最も長いのがガールズバーです。

そのときは舞台役者として活動していたため、単発で一気に稼げる職種を求めておりましたので、行き着いた先がガールズバーでした。
カウンター越しでお客様と会話しつつ、お酒を作りカラオケで歌を歌ったりしました。

3年ほど勤務したかと思います。

元々は、同じ芸能関係の友達がガールズバーで働いていたことがきっかけで働くようになりました。
年齢層も様々なお客様と話したり盛り上がることは話すことが好きで、人の話を聞くことにも興味のある私には向いていたかもしれません。

在籍していた女の子はだいたい30人ほどで、年齢も様々でした。
私は結構歳も上の方でしたので、自然と働きやすい環境になっていたかもしれません。

昼夜逆転しお酒とタバコの環境で芸能の仕事にも影響が…

自分が正直こんなにもガールズバーの世界で働くとは思っておりませんでした。
気づけば短時間で高収入という環境に慣れてしまっていたのですが、昼間は寝て夜から朝まで仕事をし、お酒を飲んでタバコモクモクの環境にいて食生活も悪くなるばかりでした。

その結果、身体の調子も良くなく本職の芸能の仕事にも影響が出てしまいました。
ある程度、貯金もできてきたのでそろそろ生活リズムを正さなければと思い昼職に転職することとなりました。

今思えば、酔っ払いの相手を週に3~4回ほどしていたあの時間はなんだったのだろうかと思います。

正直お酒もそこまで好きではないので、飲まなければいけない環境は苦痛でした。
なかなか断ることもお客様の雰囲気的にできず、我慢して飲んで騒いでいた自分がバカバカしくもなりました。

友達の紹介で美容機器メーカーのメイク販売員に

転職のきっかけのなったのは、私の友達の紹介でした。
元々、エステの専門学校に行っていた私はヘアメイクの授業もとっていたので知識はありそのことから紹介してくれました。

最初は、フロムエーの転職サイトを見たりしましたがガールズバーの影響からか時給1000円をなかなか受け入れられず仕事を選ぶようになってしまって職探しは難航しました。

そのことを相談した友達から、その子がそのときに勤めていた美容機器メーカーの会社のメイク販売員を紹介してくれたのです。
条件も昼職にしてはそれなりにいい気もしたので、すぐさま応募しました。

夜から昼の仕事への転職はどうしても理想と現実とは違っていましたが、ぐっとこらえとりあえず時給1200円以上は求めました。
アルバイトではないので難しいかとも思いましたが、シフトもなるべく融通のきくものを求めました。

時給で換算すると比べ物にならないくらい安い…

悩んだ点は、やはり、どうしても時給で換算するとガールズバーのときとは比べ物にならないくらい安いところです。
仕事内容や、勤務時間が朝から夕方くらいなので当たり前なことはわかるのですが受け入れるのは中々時間がかかりました。

あとは、いつも朝まで働いて帰ってから寝て、夕方に起きる生活をしていたので、朝起きて働くという生活リズムに対応できるかが悩みでした。
給料なのか、勤務時間や休める日数なのか、働きやすさなのか何を優先して決めるかも一番悩みました。

毎日働く場所が違うことがとても新鮮!

転職先のメイク販売員はまさに天職だと思っています。
まず面白いと思ったのは、毎日働く勤務場所が違うのです。

その理由は、そのメーカーの商品を取り扱う大手デパートや雑貨屋さんは都内に多数あるので、販売員全員のシフトが出たところで、本社の方が誰がどこに行くのかを決定します。
毎日働く現場が違うことが、とても新鮮で楽しみの一つにもなるのです。

接客といった点では、ガールズバーのときに磨かれていたことから商品を手に取るお客様に話しかけ、だんだん友達同士のように会話が弾み、最終的には商品を購入してくださるといった流れがとても嬉しく、自分の中でも今日はこれだけ売ろうと目標を立てながら働くこともできます。

タッチアップ台がある店舗では実際にお客様にメイクをしてさしあげるのですが、こんな方法があるのねとメイクを勉強される方もたくさんいらっしゃいます。
逆に私も教えていただくことがあり、それもまた楽しみの1つです。

いろんなお客様やスタッフの方と過ごす時間はとても濃厚

最初は友達からの仕事内容の説明でありましたが、実際に勤務している友達の生活や雰囲気がとてもよく、生き生きしていたので魅力を感じました。
私もちゃんと、陽の光をあびながら仕事をしたいと思ったきっかけがその元気な友人の姿を見たときです。

よかったなと思うことは、毎日いろんな場所に行き、いろんなお客様やスタッフの方と出会い過ごしていく時間はとても濃厚だと思います。
人見知りや緊張しいではない私の特権なのかもしれないです。

反対に、あまり満足できなかったことといえば、毎日場所が違うので遠いところだったり、今日の勤務場所はどこか忘れてしまったりと何度も確認しなければならないところが少し面倒だなと思うこともあります。

人見知りはしないのですが、毎日ほとんどがその店舗に専属されてるスタッフさんとはじめまして状態なので少し気疲れもするような気がします。
中々しっかり仲良くなって交流できるような環境ではないかもしれません。

想像と違ったことは、どうしても平日や土日で人数が左右され暇な時間が多いです。
大手デパートなんかはとても忙しいイメージでしたので、そこは全く想像と違いました。

自分から切り開くことも大切だと学んだ

もしかしたら今の現状に満足されているかたも多いかもしれません。
ですが、環境を変えれば考え方や自分のあり方も不思議と変わるもので必要とされたり、新しい何かに出会ったり世界が広がるかもしれません。

私は転職をして、待つのではなく自分から切り開くことも大切なことだなと学びました。
行動に移さないと現状は何も変わらないもので、現状維持より新規開拓が新しい時間の楽しい使い方だと思います。

奈々さんの転職満足度
4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です