施術中の会話に前職の接客経験を生かして|ガールズバーを辞めたい人の転職体験談

ガールズバーを辞めたかったちゃちゃさん(21歳・女性・兵庫県)が転職した体験談です。

仕事内容 兵庫県神戸市のガールズバーから脱毛専門エステサロンの施術者に転職
年収 300万円から250万円にダウン

エステサロンに勤めるも続かずガールズバーに

美容専門学校を卒業し、エステサロンに勤めるも続かずすぐに辞めてしまいました。
そのまま再就職がなかなか決まらず、知り合いのオーナーのガールズバーで雇ってもらいました。

男性のオーナーと、女の子は2人だけの小さなお店でした。
駆け出しのお店だったため常連さんはおらず、オーナーの知り合いが飲みに来るだけのお店です。

オーナーの知り合いは女の子が接客をする必要はないので、ずっとビラ配りに出ていました。
開店時間になったら大通りに出てビラ配り、お店に来てくれる人を捕まえてやっと空調の効いた店内に戻れる、そんな毎日でした

次第に常連さんが増えてきて、1年たった頃には毎日必ず1人は指名客が来店してくれるようになりました。
約1年と少しで退職しました。

もともと1年間で美容関係に戻るつもりだった

もともと1年間できっちり夜のお仕事は辞めるつもりでした。
知り合いや友達の話を聞いていても、辞め時が分からず年を取ってからお昼の仕事に戻るのは大変だと聞いていたからです。

夜のお仕事に不満はありませんでした。
嫌だと思うお客様は少なかったですし、オーナーや女の子達も良い人ばかりでした。

辞めた理由は、将来の事を考えた時、いつまでも夜のお姉ちゃんじゃやっていけないと思ったからです。
1年間お休みをして、元の美容関係に戻るつもりでした。

親に通わせてもらった手前、美容職に戻らないといけないという使命感がありました。
夜のお仕事をしている間に、コミュニケーション能力が向上したと自覚していました。

今ならどの仕事でもやっていけると信じていました。
自分の予定通り、美容職へ転職しました。

転職後も出来るだけ生活レベルを落としたくない

色々な転職アプリを利用しました。
とりあえず転職サイトをずっと見ていました。

良さそうな求人が出ていれば、お店のお客様に相談をしていたりもしました。
中にはお仕事で人事を担当している方もいらっしゃったので、面接の時に見るポイントなどを教えてもらっていました。

自分が指名をしている女の子が、そのお店を辞めて転職しようとしているのにとても親身になってくださるお客様が多かったです。
色々な方のご意見を頂いて、夜のお仕事から美容職への転職はマイナビのアプリから応募しました。

第一希望は何よりもお給料でした。
夜のお仕事からの転職は年収が下がるのが分かっていましたが、出来るだけ生活レベルを落としたくありませんでした

第二希望はお休みの数です。
月8日以上は絶対に譲れませんでした。
その他は特に気にしていませんでした。

仕事を続けながらの転職活動…いつも寝不足

夜のお仕事を続けながら転職活動をしていました。
ですので面接などでお昼間に起きる事自体が苦痛でした。

面接先からの電話も寝ていて気づかず出れないことも多々ありました。
法人担当者様のご都合によっては午前中の面接になることも多かったので、起きれずすっぽかしてしまうこともありました。

中途半端な時間に面接が入ってしまったら、夜のお仕事まで寝れない事も多く転職活動中はいつも寝不足でした。
寝れない、仕事が決まらない、夜はお酒を飲まなければいけないという事が重なり転職を諦めようかと悩んだこともありました。

脱毛専門エステサロンに転職、営業スキルも求められる!

脱毛専門エステサロンに転職しました。
光脱毛器を扱う仕事です。

顔・体・VIOなど全身への施術を行っています。
剃毛・照射・拭き取り・トリートメントの流れで施術を行います。

また、新たにご契約を頂かなければならない為、営業スキルも求められます。
施術中から話を盛り上げ、お客様と仲良くなり、施術後のカウンセリング時に契約を頂けるよう話をします。

2時間のコースでは2時間ずっと喋りっぱなしです。
VIOの施術を素手で行うのは初め驚きました。

サロンによっては手袋をはめるところもあるようなのですが、剃毛の正確性を重視する会社なので全て素手で施術します。
自分以外のVIOを見るのも初めてなのに、触るのは初めはかなりの抵抗がありました。

よかったことは、前職での接客経験が生かせること!

法人担当者様が私を認めてくださったことが嬉しかったからです。
夜のお仕事をしながら転職活動をしている事も面接時にお伝えしました。

自分が求める最低条件はクリアしていた条件だったのと、「あなたなら大丈夫」と言われたことがあり、転職を決めました。

転職して良かったことは、夜のお仕事での接客経験を生かせると感じるからです。
他のスタッフの子はお客様と話すのが苦痛だと言っていましたが、私は不思議とそうは感じません。

夜のお仕事で「話す」という事が当たり前になっていたからだと思います。
仕事をする相手が男性から女性に変わりましたが、話している内容が違うだけでコミュニケーションの取り方は同じでした

何よりお客様が可愛いと感じたからです。
自分の為に、彼氏の為に綺麗になりたいと願いながら来店される女性は何よりも綺麗だと思いました。
お話をしていて楽しい方が多いです。

あまり満足ができていない点は、上司との営業方針の違いです。
お客様が綺麗になるのが最優先だと考える現場のスタッフと、売上が全ての上司達でよく衝突しています。

想像と違ったことは、とても綺麗なサロンなのに事務所の中はかなり汚いです。
誰も片付けません。

体力も精神力も必要だけど頑張る価値あり

夜のお仕事から昼のお仕事に転職をすることはとても体力が必要です。
すぐ決まればいいのですが、転職活動中は精神的にも疲弊していきます。

40歳、50歳になった時に夜のお仕事を続けていたいのであれば転職は必要ないと思います。
少しでも昼のお仕事がしたいという方、体力も精神力も必要ですが頑張る価値があります。
転職して良かったと私は思います。

元ガールズバー店員の転職後についてのまとめ記事はこちら!
ガールズバーからの転職ガールズバーを辞めた後の転職先はどこが人気なのか大調査
ちゃちゃさんの転職満足度
4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です