地元で全国転勤なしの営業職に就けた|フリーターを辞めたい人の転職体験談

フリーターを辞めたかったわかめのフリーターさん(25歳・男性・滋賀県)が転職した体験談です。

仕事内容 焼肉飲食店アルバイトから事務機販売店の営業職(正社員)に転職
年収 60万円から240万円にアップ

会社でミスを連発、転職先がうまく見つからなくて…

私は1度民間企業に就職し、その会社をやめ、アルバイト生活を1年間しておりました
アルバイト先は学生時代からお世話になっていましたので、アルバイトの面接等はなく、戻らせてほしいということで再びバイトしました。

1年間フリーターとして過ごしていた理由は、転職先がうまく見つからなかったことと、会社でミスを連発してしまい、人と関わることが憂鬱になり、社会復帰が困難であったことの2点です

転職活動も毎日24時間するわけではないため、1日中部屋にこもって転職のことばかり考えすすぎるとおかしくなると思ったので、気分転換にもなると思い、アルバイトをしておりました。
高校生が中心のアルバイト先でしたので、元気をもらえました。

親のすねをかじって暮らしている自分が情けなくて…

フリーターを早くやめようと思ったきっかけの1つ目が、一般的に正社員として働いているのが当たり前の年齢だったことです。

高校生に「同級生はみんな会社で仕事をしてますよね?」とよく聞かれました。
それを言われるたびに、私は世間的に見て当たり前のことができる人間ではないのか、普通ではないのかと自分に自信をなくしておりました。

2点目がお金の面です。毎月5万ほど稼いでおりました。
実家で暮らしておりましたが、金銭面ではまだ親のすねをかじって暮らしている自分が非常になさけなく感じました

自分が使う最低限のお金も自分で稼ぐことができないことにいらだちを隠せず、親にあたる部分もありました。
そういったことを考えたとき、1日でも早く社会復帰しなくてはいけないと思いました。

希望条件は全国転勤がないこと!

転職サイトはリクナビ転職を使いました。
その他、地元のハローワークに行き、求人情報を見ておりました。

一番大きかったのは、地元のハローワークで、専門の人と相談することでした
仕事内容等の希望を言って、求人を探してくれますが、それ以外に純粋に相談に乗ってくれるため、自分が気づかなかったことを見つけてくれます。

地元ですので、相談員の方にもすぐお会いでき、目を合わせて話ができます。
これが人間の心理的にも非常に効果的だ思います。
安心しながら、就職活動ができました。

希望条件は全国転勤がないことです。
私は、家族を持った際に単身赴任することを嫌いました。

また、家を建てて家族で一緒に暮らしたいと思っておりました。

もう1点はボーナスがあることです。
ボーナスなしに、家庭を養うことは厳しいと思っておりました。

就職活動中、お金をもう少し稼ぐべきか悩んだ

悩んだことは、アルバイトの数を増やしてお金をもう少し稼ぐべきなのかどうかということです

私は、基本的に夜のアルバイトをしておりました。
夕方までは時間に余裕がありました。

就職活動に専念するとは言いながらも、毎日面接や書類作業があるわけではございませんので、時間に余裕があり、逆に無駄なことを考えて時間を過ごしておりました
その時間が非常にもったいないので、それならばお金を稼ぎ、人とコミュニケーションをとるべきなのかと思っておりました。

大手事務機器メーカーの販売店で営業職に

事務機器販売店の営業です。
大手事務機器メーカーのグループ会社です。

基本的には、オフィスの文具やオフィス機器を販売します
ただし、現在では派生してオフィスに限らず、建物内にある必要なものをすべて取扱、販売します。

物を売るだけではなく、工事等も請け負うことができます。
単刀直入に申しますと、家を建てる以外のことがほとんどできます。

営業スタイルは、すべて新規開拓です
メーカーではなく、販売店というのはユーザーとメーカーと間にいます。
間の会社はどこであっても、メーカーの商品は仕入れることができます。

単純な話が、間の会社はどこでもよいのです。
その中で選ばれる販売店になるためには、日々新規開拓し自分を売ることが大切です。

営業のよかったことは自己成長につながる!

大手事務機メーカーのグループ会社ですので、福利厚生がしっかりしております。
地元企業ではありますが、周りの会社より整っております。

また、転勤がないため、理想の結婚生活を送ることができると考えたため、今の会社を選択しました

よかったことは、自己成長につながるということです
販売店ですので、購入する側からすれば、販売店はどこでも商品は変わりません。

その中で、自分を選択されるためには、どういった工夫が必要なのか?商品を売る前に自分をどのように売るべきか?自分をどのようにPRすべきか?そこから考えるため、非常に自分を磨くことができます。
また、新規開拓営業のため、毎日いろいろなお客様と話すことができるため、いろいろな話を聞くことができます。

満足いっていないことは、レベルが低いことです。
以前、大手の住宅設備メーカーにおりました。
どの上司をみても、素晴らしく、この人についていこうと思える上司・先輩ばかりでした。

それに対して、地元の会社ですので、地元を離れたことがない人ばかりですので、話すレベルや営業レベルは低いと感じております。
今の会社でこの人についていこうと思える人はおりません。

焦らず、本当に納得のいく選択を!

今の不安な状態を早く抜け出したいという思いは必ずどこかにあるとは思います。
しかし、焦る必要はありません

人生には人それぞれの形がありますので、先のことをゆっくり考えて、自分が本当に納得のいく選択をすればよいと思います
親には助けてもらっているとは思いますので、感謝の思いは絶対に忘れずに、前を向いてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です