ギタリストの夢を諦めフランス料理店に就職|フリーターを辞めたい人の転職体験談

フリーターを辞めたかったhiroooさん(30歳・男性・愛知県)が転職した体験談です。

仕事内容 日雇い派遣フリーターからフランス料理店に転職
年収 180万円から300万円にアップ

プロのギタリストを夢見ていたけど…

ずっとプロのギタリストを夢見て高校卒業時から、バイトしながら音楽活動をしてきました
幸いにも一時期はギターの講師をさせていただいてこの世界で生きていけるような気もしていました。

しかし、全く収入ベースは上がらず20代後半になっても月15万円前後の収入でした。
常に金欠な状況に嫌気がさし、もう音楽はあきらめ違う仕事をしようと思いました

違う職種にアルバイトで働いてみたものの、あまりの生きがいのなさと、音楽ばかりしてきたためにこの歳になっても非常識で特に能力の無い自分に絶望し、働く意欲をなくし引きごもりがちになってしまいました。
生きていくために最低限の金は日雇いの派遣で稼ぎ、それ以外は特に何をするわけでもなくただただ時間がすぎていってる感じでした。

叱咤激励されてしっかり生きていく気になれた

フリーターを2年続ける中で自分自身に対する自信のなさや、罪悪感で毎日押しつぶされそうになっていました。
毎日時間だけは腐るほどあったので、これまでの人生を振り返り「あの時にあんな事やっていれば人生変わったのにな」「あの時誰々の誘いを断らなければうまくいってたはずだよな」「どこで道を間違えたのかな?」こんなことをずっと考えて過ごしていました。

そんな生活をする中、たまに昔の友人や仲間に会う機会がありましたが、そんな時𠮟咤激励されることが多々ありました
この時は𠮟咤激励されれば涙が出るくらい、他人が自分のことを心配してくれるのが嬉しかったり、自分に対してのくやしさが湧き上がってきました。

徐々に自分のことをしっかり見つめ直すことができ、音楽がなくても人生をしっかり生きていこうという気になれました

以前のアルバイト先店長が知り合いの店を紹介してくれた

プロギタリストを目指してアルバイトをしていた時期に、フランス料理店で仕事をしていたことがありました。
そこの店長はかなり自分の夢を応援してくれていて、いつも親身にサポートしてくれていました

その時の状況を話すと、知り合いの店が人を募集していてこれから一から修行するのにとてもいい店だし、私にもとてもいい経験になるからとそこの店長さんを紹介していただけました
今働いてる店の店長も快く、私を受け入れてくれました。

やりがいがあり、ある程度余裕の持った生活のできる給料です。
私は仕事している中でやりがいを感じられないと働くモチベーションが維持できないので、ここを重要視していました。

人生はまだまだ続いていくので多少給料面は悪くとも目標を持って仕事がしたかったです。

簡単な作業ができずに怒られることも…

以前、アルバイトで同職をしていたとはいえ、意識を新たに一から取り組むことに大変さを覚えました
プライドは捨てて何でも一生懸命に取り組むつもりで、就職したものの、場面場面で簡単な作業ができず怒られた時には、何故30歳にもなってこんなことで怒られなくてはならないのかという焦りや、自分への不甲斐なさを感じて心が折れそうなこともありました

また、音楽では多少認められていた意識があったので、それとのギャップに苦しみました。

基本はお客様へのおもてなし

基本の業務はフランス料理店でもお客様へのおもてなしです
コース料理の説明を一つ一つ丁寧にしたり、料理に合うワインをお客様の好みを考えながら紹介したり、お客様と会話しコミュニケーションをとって居心地のいい空間を演出しディナーを楽しんでいただくことです

その他は予約いただいたお客様のテーブル配置などをお客様の状況を考慮しながらセッティングしたり、来店前のグラスやシルバーをセットする作業をします。
片付け時のグラス、シルバーの拭きあげや、シェフにコース料理を伺い、お客様へのワイン紹介のイメージ作りも行います。
あとは、在庫のワイン、チーズなどの状態チェック、その他のドリンクなどの在庫チェック、酒屋へのワイン、ドリンクの発注作業などです。

毎日目標を持って仕事ができる!

ワインの奥深さに前々から興味があったので、その道をもっともっと知ってみたいと思っていました。
仕事をするからには何かその分野において夢中で追及できるものが欲しかったので、そこがこの会社に決めた理由です。

よかったことはやはり毎日目標を持って生きがいを感じながら仕事をできることです
これまでの人生も音楽をずっと追及してきたので、業種は異なってもまたそのように夢中で追及できることがあるのは幸せな事だと思います。

他にも毎日いろんな方とお話しさせていただく機会があるので、人脈が広がりましたし人とコミュニケーションをとることの大切さや面白さをこの仕事を通して実感しています
いろいろな業種の方達のお話を聞けるのはとても刺激があって面白いです。

満点できない点は2点あり、まず給料が仕事の大変さに比べ安いことです。
常にお客様のことを考えて細かなサービスを準備段階から高い意識で考えているので、仕事が終るころには本当にクタクタになります。
しかし給料は一般的に安いくらいの水準なのでそこは少し厳しいと感じています。

もうひとつは就労時間が長いことです。
すべての作業が終わるまで明日の準備があるために、基本的に終われないので遅い時間に込んだ日などは終わりの時間が深夜2時などになるときもあります。

「いつかは変わりたい」という気持ちを持って!

フリーターの状態が長く続くとなかなかその状態から抜け出すことが難しくなると思います。
でも、私が一つ持ってて欲しいのは、いつかはこの状況を抜け出したいと思う気持ちです

フリーターを続けると基本的に考えがネガティブになりがちで、とてもポジティブな気持ちにはなれない時もあると思います。
しかし、そんな時にでも自分に人生に完全に絶望することだけはしないで欲しいです。

「いつかは変わりたい」この気持ちさえあれば、たとえどれだけたってもいつかは上手くいくタイミングが絶対あるんだと私は信じています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です