希望の事務員になり沢山の経験が出来た|フリーターを辞めたい人の転職体験談

フリーターを辞めたかったはなさん(25歳・女性・愛媛県)が転職した体験談です。

仕事内容 アパレル勤務のフリーターから介護事業の事務員(正社員)に転職
年収 約180万円から220万円にアップ

高校卒業後、アパレルショップでアルバイト

フリーターになったのは高校卒業後です。
その頃は遠い将来のことなど深く考えておらず、求人募集にのっているアルバイトの仕事を探し、働くことで満足していました

少し興味があったアパレルショップのオープニングスタッフが募集されており、そこで働きたいと思ったため面接を受けにいったら受かり、働くことになりました
仕事の内容は、洋服の発注、届いた洋服の検品、陳列、接客、レジ打ち、掃除などです。

会社の規模はそこそこ大きく、全国に店舗がある会社です。
その店が入っているショッピングモールの営業時間が長かったので、早番と遅番、通しがあり、少し時間帯も不規則でした。

アパレル販売は未経験でしたが、その会社で約3年間働きました。

勤務に耐えても将来的に保証があるわけではない…

アパレル販売の仕事自体は、新しい商品や流行に触れることができ楽しいこともありましたが、徐々に体力的にきついと感じるようになりました
正社員ではなくアルバイトなのに、土日の休み希望は基本的に取れない、年末は12月31日の夜まで勤務、年始は1月1日から通し勤務でしばらく休みがありませんでした。

アルバイトなのに毎日強制的にサービス残業があり、その点も納得できませんでした。
納得のいかない勤務に耐えても、将来に保証があるわけではなく、何のために頑張っているのか分からなくなりました

大きな声を出しての接客や、立ちっぱなしの仕事は、体力に自信があるわけではない私には向いていないと感じるようになり、仕事を辞めることにしました。

ハローワークに通って事務職を探した

ハローワークに通って仕事を探しました。
当時は、求職者が多くていつ行っても混んでいたと思います。

ハローワークにあるパソコンを使用して希望する仕事を探し、プリントアウトして職員の人に相談しました。
就職すること自体が初めてだったので、慣れておらず、ハローワーク以外の転職サイトなどは使用しておりません。

体力的に疲れていたので事務職に絞って仕事を探しました。
すぐには受からなかったため、数社受けに行きました

家からある程度近い(自動車で25分以内)こと、出来ればマイカー通勤ができること、週休2日休めること、不規則勤務ではなく時間帯が固定されていることです。
未経験だったので、高い年収は求めていませんでした。

当時は買い手市場、3社ほど落ちて・・・

履歴書を書いて自分をアピールし、面接を受けに行っても競争率が高く、3社ほど落ちました
当時は買い手市場で厳しいことを言われるのが辛かったです。

就職活動時の年齢が25歳で、面接官に「この年齢だとすぐ結婚して辞めるのではないか」と言われたこともありました
面接は会社によってさまざまでしたが、一般常識問題等の簡単な試験があるところもありました。

また、面接に行ってみるとハローワークで見た条件とは少し異なる会社もありました。(仕事内容、休日の回数など)

希望した事務職に!未経験でも雇ってくれた

介護事業の事務全般を行っています。
結局採用されたのは小さな会社ですが、未経験でも雇ってくれたので頑張ることにしました

会社が小さいため職員の人数が少なく、いろいろなことをしなければなりませんが、パソコンを使う仕事をしたかったので苦になりません
仕事の内容は、電話対応、来客対応、従業員の給料計算、経費の仕分け、文書作成、行政への文書提出、事務用品等の買い出し、介護利用者さんの請求業務などです。

また、来客者へのお茶だし、事務所の掃除、廊下の掃除も一人でしています。
会議があるときには出席して書記などもします。

介護事業を営んでいる会社なので、自分の事務仕事以外でも施設の行事があれば準備や運営も手伝わなければいけません。

事務員としてのノウハウを学べて、体力的にも楽になった

当時買い手市場でどこの面接へ行っても志望者が多く、未経験だったこともありなかなか採用してもらえませんでした。
そんな中、決めた会社はすぐに採用してくれたので、縁も大事だと思いそこで頑張ることにしました。

良かったことは、希望する職種(事務員)として採用して貰えたことです
未経験でしたが採用して貰えたので、書類整理や文書作成など事務員としてのノウハウを学ぶことができました。

また、慣れてからはほとんど残業なしで仕事を終わらせることができたので、余暇を楽しむことができます。
座り仕事がメインなので、フリーターだったアパレル販売員の時よりも体力的にとても楽になりました

あまり満足できなかったことは、小さな会社ですので社長のひと言で何でも対応しなければならず、本来の業務以外の手伝いもどんどん増えています。
想像と違ったことは、離職者がとても多いということ、介護業界は常に人手不足で、現場の職員はとてもよく頑張っているということです。

私が仕事を探していた時は、就職希望者で溢れていましたが、介護業界に入ってみると今度は人手不足でいつも職員募集をしています。

資格を取ってから就職してもよかった

今は売り手市場になっていて就職しやすい環境ですので、諦めずに頑張って欲しいです
また、私は早く就職しなければと焦り、急いで仕事を探しましたが、今考えると学校や講座にゆっくり通って資格を取ってから就職してもよかったかなと思います

就職後長く続けるためにも、本当にやりたい仕事は何なのか考えると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です