就職して収入と休みが安定した生活に|フリーターを辞めたい人の転職体験談

フリーターを辞めたかったmugiさん(23歳・男性・大阪府)が転職した体験談です。

仕事内容 物流会社のピッキング作業アルバイトから製造業の鉄工会社 技術職の正社員に転職
年収 200万~220万円から300万円にアップ

フリーターをしながら正社員の職探し

正社員を探すまでの間、フリーターで繋ぐことにしました
仕事の内容は、棚関係の重量物とそのパーツのピッキング、フォークリフトでの運搬、トラックへの荷おろし積み込みでした。
時間が空いていれば梱包や検品作業もしました。

仕事は終わり締めだったので、毎日何時に終わるかはわからない生活でしたが、魅力的だったのが事前申告しておけば、余程なことがない限り休みがとれるという所でした。
生活をしながら面接の予定を組める所が他の所と違い助かりました

私と同じ考えの人は多くて人の入れ替わりは激しかったように感じました。
会社規模は300人でフリーターがかなり多い印象でした。

勤務年数は一年半くらいです。
フリーター時は生活が不安定になるかもしれないと思っていたので無駄使いはしない生活を心掛けていました。

フリーターは生活や給料の安定性が低い…

きっかけは生活の安定性が問われる面です。
フリーター時はやはり面接がある日や、長期休み等は給料が激減する先の見えない生活なので、世間とは真逆で長期休みに遊びに行くことは困難でした

それから、給料面の安定です。
正社員は長期休みでは残業代の保証はないものの、ボーナスが支給される企業が多いので、季節で揃えたい家電製品の購入、交遊日にあてられます
それに、先のことを考えると、フリーターだと住宅ローンも組めないと考えました。

友人や親等も口では言わないものの正社員になった方がいいというようなオーラを出していましたし、自分自身も上記のことをフリーター時にも常に考えていました。
なので、早く精神的に楽になりたいという気持ちが常にあり、フリーター時は少し怒りっぽくて自分が嫌いになりそうで早く就職しなければと思っていました。

未経験だけど興味がある企業に積極的に連絡した!

新聞の広告やフリーぺーパーを見たり、職安にも通いました。
一度だけ焙煎のしごとがやりたくて飛び込みで仕事がやりたいといいました。

ただ募集はやっていなかったので、断られましたが、門前払いではなく座って話しをしてくれて、せっかく来たのだからと社長自ら仕事の案内と焙煎作業を見せてくれました。
その際、君の受け答えなら大丈夫とお墨付きをもらい、未経験だけれども興味がある企業には積極的に連絡をしました

実際、それ以降は門前払いも多かったのは事実ですが、未経験でも面接まではいけた企業も多かったです
応募した企業は、やりがいや職人系の仕事でコツコツやる仕事、少人数精鋭で人間関係が密なところです。
希望は、フリーター時より安定して暮らしていけること、ボーナスが支給されて、人並みの長期休みがあるとこと、就業時間が定時終了の会社でした。

転職回数が多く面接が大変だった…

転職回数が多く、面接時に何をしていたのか聞かれて、海外留学や海外でのスポーツの大会に出ていたと伝えました。

この転職で生活を落ち着かせて腰を据えて働きたいと言っても前歴がありますので、なかなか信じてもらえず「やっていることは素晴らしいけど、うちもすぐに辞められては困る」や「そんなこと言ってまたフラフラする為の資金では」という返答が多かったです。
面接は仕事内容ができるできないで判断されなかったことが一番大変でした

悩みも上記の大変だったことと同じです。
後言うならば、なかなか就職先が決まらず自分の人生フラフラし過ぎたのはまずかったと悩みました。

ベアリング部品の外側を削る仕事に

転職後の仕事は、ベアリングを作っている会社で、私は主にベアリングの部品の外側を削る仕事です
1ミリの1000分の1等を半分経験と勘で作業する仕事です

削る作業も難しいのですが、表面が砥石の熱のこもりやへたりや、焼けないかも常にチェックしなければなりません。
旋盤加工も自社で行う部品もあります。

時間がある際は、削ってからの磨きの仕事もやります。組み込み作業もします。
製品の正常な動きのチェックやボールベアリングの傷のチェックも行います。

フォークリフトでの運搬やトラックでの配送等も行います。
仕事が大量の際は諸外国から入ってきた削る前の物の個数チェックや強度チェック、決められた数値の物が入ってきているのか等のチェック等も行っています。

職人の技術を学べるから将来も安心!

面接時に社長と工場長と面接をし、どの部分に製品が使われているか等の話しを聞き将来性を感じました。
それと希望する金銭的なことや少人数であったことでのアットホーム的なことを期待できそうだと感じたのでこの会社に入社を決めました。

よかったことは、フリーター時と違い、固定給であったこと、1年出勤日が決められていたので色々なスケジュールを早めに立てられるようになったことです。
また、技術職で1人でコツコツ仕事ができたこと、職人技を学べ業界ではどこに行ってもとってもらえると言われて安心できたこともよかったです。

定時までしか仕事がなかったので、以降は趣味や勉強に時間をあてられるようになりました
母子家庭で、母親も仕事をしていたのですが、母が遅くなるときは晩御飯の用意をできるようになり親の負担が減らせるようになりました。

同僚で働かない人がいて仕事には満足してあましたが体力的に大変でした。
先代の社長が亡くなる前に採用して入社2日目に辞めてもらおうとした人だったのですが、現社長は若くサボっているのは分かっていましたが強く言えずにいました。
あと、不景気になりボーナスを満額もらったのはここ数年ありません。

収入と休みが安定するとキャリアアップもできる!

フリーターと違い正社員は保険等を会社が半分負担してくれます。
将来的な年金額のことも考えて焦らずですが、なるべくスピーディーに安定した職業についた方がいいと思います

その他にも収入と休みが安定しすると、休日に資格を取得する勉強もでき、お金の心配もなくキャリアアップできると思います
この会社で一生やっていくと決めればなお、仕事に責任感がもてると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です