地元紙の求人情報で探した介護の仕事|フリーターを辞めたい人の転職体験談

フリーターを辞めたかったさくらさん(28歳・女性・熊本県)が転職した体験談です。

仕事内容 工場のアルバイトから介護職(正規社員)に転職
年収 180万円から250万円にアップ

仕事で縛られたくなくて、工場の軽作業を…

工場での軽作業をしており、アルバイトですので残業や休日出勤などもなくて、自由な生活をしていました
仕事で縛られたくないというそのときの私にとっては、お金をたくさん稼ぐことよりも、自由な時間を得ることが大切でした

会社の規模は小規模であり、私は出来上がった品を段ボールに検品をして入れていくという簡単なものでした。
人間関係のトラブルもなかったので、心地よく感じてしまい、二年間はその工場で働いていました。

正規社員として雇用をされると、残業も多くなり、責任も背負わなくてはならないことが嫌でした。
なので、気軽に生活することが出来るフリーターのままがいいと思って、あえてフリーターの生活を送っていました。

正社員でないと独り暮らしをしたくてもできない

きっかけは、単純に、お金が足りないと感じたことです
毎月のお給料を貯金する余裕もなく、まさしくその日暮らしのようにもなっていました。

当時は実家で過ごしていたため、独り暮らしをしたいと思ったのですが、正規社員でなくては独り暮らしをしたくても出来ないという現実を知りました
ローンを組んだり、部屋を借りるためには、正規社員として働いていないと難しいということがわかり、お金のためと自立をするためにフリーターのままではいけないと思いました。

会社に対しての不満というのは、給与の問題だけでした。
正規社員として働くことへの不安が大きくありましたが、自由な時間を奪われてしまうのではないかということとお金を天秤にかけた結果、社員としての仕事探しを始めました。

地元紙の求人情報で仕事を探し出すことに成功!

始めは職業安定所に行って仕事探しをしていたのですが、なかなかよい仕事が見つかりませんでした。
工場勤務歴があるならと、希望の職種よりも工場の仕事ばかり勧められました

自分の力で探さなくてはと思い、求人情報を雑誌などでみて、今の仕事を探すことになりました。
年齢的なこともあって、なかなか正規社員として雇用してくれる企業がないのではないかと不安にもなりましたが、求人情報を掲載されている地元紙から、仕事先を探し出すことに成功しました

これまでが土日が休みだったので、今さら平日休みの仕事には就けないと思い、土日が休みという職場を探していました。
また、これまでは給与のことなどを考えずにフリーター生活をしていたのですが、周りのことを見ると、ボーナスがある会社に行きたいと思い、休日とボーナスを重視しました。

長いことフリーターでいたことを追及されて…

年齢が30歳近いこともあり、女性なので結婚などのことを懸念されたり、長いことフリーターのままでいたことを追求されてしまい、自分の人生を否定されているようにも思いました

また、正規社員として雇用と書いていながらも、アルバイトとしてスタートをしてから正規社員として雇用するか決めるというような企業も多かったです
本当に正規社員として雇用する企業があるのか不安になってしまうこともあり、フリーターから抜け出せないのではないかと思ってしまいました。

家族との関りも必要となるデイサービスの仕事

フリーターをやめて、正規社員として雇用してくれたのは、福祉施設であるデイサービスです
デイサービスでは、自宅で過ごしている高齢者を送迎して、施設内で一日を過ごされることをサポートする仕事となっており、車イスの介助やお風呂や食事の介助だけではなく、レクリエーションを提案して日常生活を楽しいものにする仕事をしています。

単に話し相手になったり、一緒にカラオケをしたり、ゲームをするだけの時もありますが、トイレ介助やお風呂介助、時には一緒に暮らす介護者の相談に乗ったり、愚痴を聞いたりすることもあります。
高齢者の方だけではなく、家族との関わりもコミュニケーションも必要となる仕事であり、体力も必要な仕事です

夜勤もなく土日休み、何よりも介護の仕事が合っている!

選んだ理由は、介護の仕事がこれからの時代には需要が高くなるということと、幼い頃からおばあちゃんこで、高齢者の方のお世話をしたり、関わったりすることが好きであったからです。
また、デイサービスということで、夜勤もなく土日も休みということあったため、この会社に決めました

責任を持ちたくないから正規社員として働くことが嫌だったのですが、人の命を扱う介護の仕事について、責任を持つことの大切さと、社会人として初めて認めてもらえたような気がしました。
残業は増えてしまいましたが、給料は以前よりも増えましたし、何よりも私には介護の仕事が合っているということを実感することができました

なので、フリーターをやめてしっかりと正規社員として働くことへのきっかけをくれた今の仕事には感謝しています。
正規社員として働いたことで、これまでできなかったひとり暮しも出来るようになり、ようやく社会的に認められたような気持ちになっています。

介護の仕事なので、高給取りにはなれませんでしたが、安定した収入があるということは大切なことであると思います。
介護の世界は時には拒絶されたり、暴言を吐かれることもあるのですが、やりがいのある適職に就けたと思っています。

働く意思があれば、人手が足りない企業で雇用してくれる!

長年フリーターやニートをしていても、人手が足りない企業などであれば、社員として雇用してくれる企業は多いと思います。

これから正規社員として一生懸命働く意思があり、真面目に仕事に取り組む意思を伝えていると、必ず雇用してくれる企業に出会えるはずです
まずは、正規社員として働きたい職場へ興味を持つことが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です