子供のことを考えてシフトの融通がきく仕事に|歯科衛生士を辞めたい人の転職体験談

歯科衛生士を辞めたかったるんるんさん(33歳・女性・新潟県)が転職した体験談です。

仕事内容 個人歯科医院の歯科衛生士から家具メーカーの販売に転職
年収 300万円から200万円にダウン

専門学校在学中にお世話になった歯科医院で7年間勤務

歯科衛生士の専門学校在学中に、授業や講演などでお世話になっていた先生の歯科医院で働くことになりました。
主に歯周病や入れ歯で悩んでいる患者さんを担当していました。

歯石取りをメインで行うことが多かったと思います。
あと歯の磨き方を教えることもありました。

また、出張として他県での勉強会や講演会なども参加していました。
7年間勤務していました。

勤務1年目はその歯科医院のやり方や流れを詳しく知るために、受付(医療事務の補助のような)業務もしていました。
器具の洗浄はもちろん、掃除や患者さんとのやりとり、レセプト業務の補佐までやることがありました。
小さい歯科医院だったので、なんでもやらなければいけませんでした。

嫌がらせをされてうつ病のような感じに…

辞めようと思ったきっかけは医院内でのいじめでした。
女性が多い職場だったので、長年勤務している女性歯科衛生士のひとりが誰かひとりターゲットを決め嫌がらせをするという感じでした。

作業で使う器具などを知らないうちに壊されたりしました。
気にしないようにと思っていたのですが、やはり無理でした。

気付いたときにはうつ病のような感じになっていました。
ちょうどその時に結婚が決まったので、寿退社という形で辞めました。

歯科衛生士という仕事は好きなので、数年後同じ職務に就くことも考えたのですが、以前のトラウマから抜け出せていなかったので断念しました。
また、子どものことを考えてもう少し時間の融通がきく仕事にしようと思いました。

幼稚園の送り迎えができることが希望条件

地元のハローワークに足を運びました。
その中で希望の条件に合う仕事をジャンル関係なく探しました。

初めての転職活動だったので、ハローワークで転職用履歴書の書き方や面接のシュミレーションなどもやってもらいました。
しばらく仕事から離れていたので、身だしなみのアドバイスもしてもらいました。

他には新聞折り込みチラシを参考にしていました。
地元の求人誌を見ることもありました。

自分の希望条件を友達に話して、紹介してもらうこともありました。

まず出勤は幼稚園の送りがあるので、出勤は朝9時以降であることです。
そして迎えの5時までに終わることも条件でした。

残業も可能でしたが、それも1時間までと決めていました。
土日休んでもいいこと、子どものことで休むのにも臨機応変に対応してくれることも必須でした。

歯科衛生士で探してみては?と言われて辛かった…

ハローワークでは歯科衛生士の資格があるから、そちらで探してみてはどうかと言われたこともあり辛かったです。
歯科衛生士としての仕事はたくさんあったので、悩みました。(歯科衛生士として働こうかと思いました)

仕事が決まる前でしたが、子どもを長期の休みの際にも預けて働くことへの罪悪感などでも悩みました。
主人にも働かないで専業主婦のままでいいんじゃないかと言われたことも悩んだことのひとつです。

幼稚園で預かってもらえない場合の預け先を考えるのも大変でした。

商品の品出しの仕事は力仕事!

基本は商品の品出しを担当しています。
商品がたくさんある上に、次から次へと新しい商品の搬入などもあります。

倉庫から店頭に並べることが多いですが、トラックからの積み下ろしを手伝うこともあります。
月末には棚卸業務も入ってきます。

はっきり言って力仕事です。
新しい商品の勉強会や実際手にとって使用感を試してみるような仕事(研修)もあります。

店内で作業することがほとんどなので、お客様に場所を尋ねられれば担当外の売り場でも案内もします。
当初レジは担当しないことになっていたのですが、勤続1年を過ぎたあたりからたまにレジに入るようにもなっています。

それに付随して会員カードの登録・発行も行っています。
あとは開店前のフロア掃除などです。

よかったことはシフトの融通がきくところ!

シフトの自由がきいたことです。
あと残業もほとんどしなくていいと言われたことでした。

全てこちらの言う通りでいいとのことでした。
転職活動の中でそのようなことを言ってくれる会社は他になかったため、この会社に決めました。

今の仕事に転職してよかったことは、やはりある程度の融通がきくところです。
実際に働き始めてすぐのときに、子どもが熱を出して幼稚園を休むことになりました。

まだ研修期間内で休むことに抵抗があったのですが、連絡をすると快くOKを出してもらえました。
それが条件のひとつだったとはいえ、嬉しかったです。

しかし満足できなかったこともあります。
それは思っていたより時給が安かったことです。(時給制の契約社員なので)
いろいろわがままを言っているので、仕方のないことだとは思いましたがもう少しもらえるとよかったです。

想像と違ったことは、体力勝負の仕事だと思っていなかったことです。
女性が多い職場なので、重いものなどを運ぶような仕事はあまりないかなと思っていたのですが、実際かなりありました。
腰が痛くなるほどの力仕事とは思いませんでした。

資格がもったいないと言われても気にしないこと!

転職する際にわたしも周囲から言われたのですが、『せっかく資格を持っているのだから歯科衛生士として働いたら?』『資格がもったいない』と言われても、あまり気にしないことです。

資格や経験を生かすことも大事ですが、それ以上にやりたいことや条件の合うところで働くことも悪くないと思います。
周囲に何を言われても働くのは自分なので、自分の思うようにやった方がいいと思います。

歯科衛生士からの転職を成功させる方法の解説はこちら!
歯科衛生士からの転職歯科衛生士から転職したい!転職先は接客業や営業職が人気
るんるんさんの転職満足度
4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です