「キャバクラを辞めたい人の転職体験談」の記事一覧

「キャバクラを辞めてよかった」という8人の体験談を集めたので、ぜひ参考にしてみてください。

体験談プロフィール
男性 女性
20代 8人
30代
40代

キャバクラを辞めた理由ランキング

2chや5chのような掲示板やTwitterでもキャバ嬢の愚痴は見かけますが、実際にキャバクラを辞める理由はどんなものが多いのでしょうか。
8人の体験談から調査してまとめてみました。

【1位】将来が不安になった(3人)

20代前半の若いキャバ嬢はそれでも喜ばれますし、さらに売れっ子になればお金も驚くほど稼げます。
でも若い子はどんどん入ってきますし、30代・40代になってもずっと同じ待遇で働ける仕事ではありませんよね。

将来のことを考えて、別の仕事に転職するという人がキャバクラを辞めた理由の1位になりました。

【2位】家族や子供のために辞めた(2人)

結婚するので世間的に後ろめたかったという人や、子供が幼稚園に通うようになって父兄に見つからないように転職した人がいました。
キャバ嬢も立派な仕事とはいえ、やっぱり世間の目は気になってしまいますよね。

【3位】昼夜逆転の生活がつらい(1人)

3位からは1人ずつです。夜のお仕事は、どうしても夜働いて昼に寝るという生活になってしまいますよね。

昼に働いている友達とは、プライベートの時間を合わせられないので疎遠になりがちなのも、キャバ嬢のよくある悩みです。

【3位】会社勤めを経験したくなった(1人)

夜の仕事しか社会人経験がなかったので、会社員も一度やってみたいという理由です。
好奇心があっていいですね。

【3位】学生のアルバイト感覚だった(1人)

キャバ嬢は大学生でもできる仕事なので、元々バイトのつもりでやっている人もいました。
就職活動をする頃にキャバ嬢も辞めて、一般企業に就職しています。

 

以上がキャバクラを辞めた理由でしたが、キャバ嬢の仕事に向いていない・合わないという人は一人もいなかったのがちょっと意外ですね。

キャバクラを辞めた後はみんなどうしてる?

キャバクラを辞めた後の転職活動についてはこちらの記事にまとめたので読んでみてください。

【キャバクラ・キャバ嬢から転職したい】成功例からベストな方法を解説