諦めない。夢は叶う!|コールセンター勤務を辞めたい人の転職体験談

コールセンター勤務を辞めたかったsssさん(27歳・男性・神奈川県)が転職した体験談です。

仕事内容 保険代理店のコールセンタースタッフから高等学校の教諭に転職
年収 280万円から600万円にアップ

独立開業するためにコールセンターで勤務

大学卒業後、もともと独立開業を目指していたので、独立支援制度のある会社を探しており、就職を決めました
様々な子会社や系列会社があり、営業成績などの実力が認められれば、若くても出世できる会社で規模もアルバイトを含めると1万人以上はいる会社です。

入社すると、様々な部門に割り振られていきますが、私は保険の代理店をやっている子会社に出向することになり、研修を受け、生命保険募集人資格を取得後、電話営業の部署へ配属されることになりました。

この部門では、保険の資料請求をされたお客様にお電話をして加入の促進を図る部署で、毎日9時半頃から20時頃まで延々と電話をし続けます。郵送で申込書を送っていただき、無事に申込み受付担当部署に書類が到着すると自分のポイントになります。

仕事の苦痛でストレスが溜まり始める

毎日、営業成績に追われ、歩合がもらえる到達点の目標が非常に高く、かなり頑張ったとしても歩合をもらえる位置に到達することが非常に難しいことです。
また、部がいくつもあり、小さな課に分かれ、日々競い合わせられる環境があり、朝から晩まで電話をかけ続けることによるストレスがありました

上司からの圧力よりも、毎日来る日も来る日も、電話機に向かい、嫌がるお客様がほとんどの中、怒る相手と話をすることが大きな苦痛でした
10時間近く毎日電話をしますが、36協定が結ばれているため、少し長く働いても残業代は出ません。

昇給やボーナスもないので、本当に自分の力で勝ち取らなければならない上に、かなりの運も必要となってきます。

転職活動はサイトで情報収集

インターネットで私立中学高校の募集を集約しているサイトから情報収集をし、自分自身の条件に合うものに応募しました
また、公立中学高校の募集に合わせて試験を受けました。

さらに、教員の派遣会社というものがあるので、そこに登録をし、条件に合うものに問い合わせをし、面談にいき仕事を探しました
最終的には、派遣会社を経由して職が決まり、そこから1年後には直接採用され、さらに3年後には専任採用され現在に至ります。

特に大きく求めていることはなく、非常勤でもよいので教員として働ける環境であればなんでもいいと思っていました。
しいて言うならば、中学校の教員よりも、高等学校の教員をやりたいと思っており、給料や勤務時間にこだわりはありませんでした

教育業界への転職はとても厳しかった

未経験の業界であったので、なかなか書類選考に通過しませんでした
毎日日雇いのアルバイトをやりながら、その稼いだお金で履歴書を買って、帰ればそのまま履歴書を5通ほど書き、翌日も日雇いアルバイトへ行くという生活でした。

来る日も来る日もポストの中には、書類選考脱落の手紙ばかりの中、本当に教員になれるのだろうか、中途の教育業界未経験の自分で働かせてもらえるところはあるのかと非常に悩みましたし、諦めようとも考えました

希望した業界に転職できました

今は高等学校の国語の教員として、1年生から3年生までの現代文や古典を教える仕事が基本です
その他には、担任の業務があり、毎日のホームルームを中心に生徒たちとコミュニケーションを図りながら日々積み重ねていき、最終的には、3年生の進路決定までの指導をおこなっていきます。

また、校務分掌というものがあり、生徒を指導するものから、進路指導していく部門など様々なですが、一人の教員に対し、必ず一つそのような役割があります。
それから、部活動の指導もあります。私の場合は、運動部の顧問だったので、月曜日のオフ以外は土日も含めて毎日部活動の指導や大会への引率などがあります。

夏休みなどの長期の休みの日は夏季講習や部活動の指導がありますが、時間的にはかなり余裕ができるのでリフレッシュできます

8年仕事しても嫌だと思ったことがない

仕事の決め手は、子供の頃からの夢の1つであったことが第一です。
また、小学校や中学校ではなく、高校生と一緒に大切な時を過ごしながら、彼らの未来を一緒に考えることができるところに魅力を感じました
私立の高校なので、先生方もやる気があり、生徒も活気があるのでとてもいいなと思いました

働いて8年間が経ちますが、嫌だと思ったことがありません。
毎日、何をやっても違う毎日なので飽きることがありません。
授業では、他の大人は一切いないので、生徒たちと自分の空間の中で、授業を行うことができるので、自分の伝えたいことを何も気にすることなく伝えることができます。
部活動の指導でも自分の頑張りは、そのまま生徒たちに伝わるので、本当にやりがいがあり、結果が出ると自分のことのように嬉しい気持ちになります。
人によっては、部活動の指導、教材研究、校務分掌とやらなければならないことがたくさんあるので、時間が足りない、休みがうまくとれないと思う方もいらっしゃるかもしれません。
また、自分の経験したことのないスポーツなどの部活動の顧問になっている方は苦痛を感じるかもしれません。
単純作業ではなく、自分自身で考えて作り上げていく仕事なので、自分の裁量で仕事が出来る点が最高です

諦めなければ結果はついてくる

なかなか採用されなくても諦めなければ、必ず自分の希望する道へ進めるのではないかと思います。
とにかく、情報をたくさん収集し、行動し、自分のできる精一杯のことをやれば、結果がついてくるのではないかと思います

別業種でも自分に合っている仕事ならば、辛いことも乗り越えられるので、楽しい日々が待っているはずです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です