薄給と女性の人間関係から解放された!|アパレルスタッフを辞めたい人の転職体験談

アパレルスタッフを辞めたかったタピオカさん(26歳・女性・東京都)が転職した体験談です。

仕事内容 デザイナーズ系アパレルの販売員から広告会社の営業職に転職
年収 300万円から400万円にアップ

元々好きだった洋服ブランドに新卒入社

元々学生のころから、入社した会社の洋服が好きで新卒で入社しました
会社は従業員が約1000人ほどおり、全て正社員での雇用をしているところでした。

私は約3年ほど勤め、転職を機に退職をしました
具体的な仕事内容としては、お客様の接客はもちろん、商品棚の整理や店内の掃除、在庫整理や売上の管理などです。

商品は気が付いた時に、ジャンルや色、柄などがキレイに見えるように並び替えます。
店内の掃除も床だけでなく、商品のホコリなど細かいところまでのクリーンアップが求められました。

売上管理は商品のバーコードで管理するのですが、一番下の子が休憩時間を使い集計するなどをしていました。
在庫も商業ビルにある店舗だったので、かなり歩かなくてはいけなく、毎晩帰宅するときに在庫の追加などを行います。

給料が安く、女性同士の人間関係にもうんざり…

転職の理由は、給料が安かったことと、女性同士の人間関係がとてつもなく面倒くさいと感じたからです。

そもそもアパレル業界の販売職がシフト勤務でなかなか融通が利かないこと、有休の取りづらさなどがあります
それにも関わらず薄給で、店頭で着る服もある程度は会社から補助はされますが、オーバーした分は自己負担となります。

また、女性同士の人間関係もあり、先輩の荷物は「変わらせて頂きます。」と言って持つ、ドアは開けて待つ、敬語も「ございます」などの言葉づかいでないと、すぐ指摘されます。
店舗によっては、いじめに近いこともあるようで、大変そうでした。

お給料もそこまで貰えず、ばかばかしい人間関係にもうんざりだったので、転職を決めました。

販売員としてのキャリアを活かせる営業職を中心に

数社のエージェントに登録し、転職活動を行いました。
実際に利用したエージェントはリクルートキャリアです。

まず最初に面談に行き、今の職歴であればどういった事が出来るかなどのアドバイスを元に、行きたい業界やこれだけは無理といった希望を伝えました。
その後、紹介して頂いた求人の中から興味のあるものを受けていきました。

シフト勤務だったので、スーツをお店にもっていき退社後、ビルのトイレで着替え面接に行っていました。

年収がアパレル時代よりあがること、ボーナスがしっかりと出そうなところ、そして比較的自由な風潮のある企業に絞っていました
販売員としてのキャリアを活かせそうな営業職を中心に見ており、福利厚生や待遇などを考えました

志望動機や面接では、エージェントにお世話になった

大変だったのは、未経験で転職できる企業だとあまり待遇などが良くなかったことです。
今思えば当たり前なのですが、営業職未経験ということもあり、未経験OKの企業で絞って探すと自分の希望が全て叶えられる企業が見つからなかったです。

また、転職理由がネガティブなものだったので、志望動機を考える、実際の面接で話すことも難しかったです。
販売員としてのキャリアのどんな部分、エピソードが営業職にフィットするかなど、なかなかイメージが付かなかったので、エージェントの方にとてもお世話になりました

広告会社の営業で約50社を担当、メンタルが強くなった!

広告会社の営業です。
新規営業、既存営業どちらも行い、担当は約50件ほどを担当しています

具体的には、新規営業はインターネットや様々な媒体でまだお取引のないところへ電話や飛び込みでアポイントを獲得し、商談をします。
ひたすら電話をかけ、アポイントの取り方などを工夫しながら日々行っています。
日々断られる毎日なので、メンタルが強くなりました

ご掲載頂いているところへは効果創出のフォローや広告の金額アップなどの商談をしかけます。
ご掲載している企業の売上アップやクレームのフォローなどをはじめ、広告のことならデザイン以外は全て行っています。

その他にも新人のフォローや細かい雑務の管理などスケジュールは自分で決め、自分で動くスタイルで働いています。

色々な人に出会い、話し方や伝え方も成長できた

特にやりたいことが見つからず、でも早く転職したいという状況だったので、契約期間が決まっている契約社員の募集をしているところにしました
また大手の会社だったので、福利厚生などもとてもしっかりしていたからです。

よかったことは、本当に色々な人に出会ったことです。
アパレル時代もお客様に変わった人はいますが、比にならないくらい初めて会うような人種が多かったことです。
スルースキルというか対応力が付いたと思います。

また、人に会う時の話のネタも尽きなかったので、その面に関しては面白かったなと思っています。
その分、辛いことも多かったですが、耐久性も出来た気がします。

また営業として日々活動していく中で、話し方や伝え方なども成長することが出来ました

あまり満足出来なかったこととしては、ボーナスが想像以上に少なかったこと、営業目標がびっくりするほど高かったことです。
ボーナスは営業成績によって左右されますが、そもそもの目標がかなり高く、何か確固とした目標が無いとかなり厳しかったです。

人によっては夜の10時過ぎまで毎日残業し、提案資料を作成したり、雑務を処理したりしていました。

未経験からでもチャレンジできるチャンスは意外とある!

仕事を辞めると決めたらすぐ動くことが大切だと思います。
どうしようどうしようと悩んでいる間は、今の仕事にも集中出来ませんし、前にも進むことが出来ません

未経験からでも探せば新しい業界、職種にチャレンジできるチャンスは意外とあります
限りある時間のなかでやりたいことは絶対にチャレンジした方がいいよね!というマインドが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です